奥多摩日本語学校を表敬訪問し、留学生と懇親を深めました(交流委員会)

投稿者:jaspanet 投稿日時:水, 2017-11-08 01:24

平成29年11月2日(木)、奥多摩の旧古里中学校に開設された奥多摩日本語学校をJASPAから13名が訪問し、スタッフ、留学生と懇親を深めてきました。
現在の留学生の内訳は、インドネシアから6名、フィリピンから3名、ベトナムから1名の合計10名で、いずれも日本での就職を希望する20代の若者たちです。

奥多摩日本語学校は、以下3つの目標を掲げて設立されました。
・ITエンジニアとして日本の企業に就職すること
・ビジネスで使えるレベルの日本語力を身につけること
・奥多摩町の地域創生に寄与すること

現在、第1学期の半ばまで来ており、各留学生の12月末までの目標は、IT技術を使った奥多摩町のためのサービスのプロトタイプを考え、そのアイデアをプレゼンすることだそうです。人材不足が叫ばれる昨今、JASPAとしてもこのような取り組みに積極的に支援していければと考えております。