新型コロナワクチン接種証明の利用に関する基本的考え方について(経済産業省より)

投稿者:jaspanet 投稿日時:金, 2021-09-17 15:08

経済産業省より、新型コロナワクチン接種証明の利用に関する基本的考え方について、周知依頼がありましたので、お知らせします。

令和3年9月9日に開催された新柄コロナウイルス感染症対策本部において「新型コロナワクチン接種証明の利用に関する会本的考え方について」(別添1参照。以下「基本的考え方」という。)が決定されました。

基本的考え方では、民間が提供するサービス等においては、誰に対してどのようなサービスを提供するかは原則として自由であるため、接種証明の活用が幅広く認められることを明確にするとともに、各業界においてその実情に応じたガイドラインを策定することも考えられる旨等が記載されています。

なお、関連する文書として「ワクチン接種が進む中で日常生活はどのように変わり得るのか?」(別添2参照。令和3年9月3日新型コロナウイルス感染症対策分科会)及び「ワクチン接種が進む中における日常生活回復に向けた考え方」(別添3参照。令和3年9月9日新型コロナウイルス感染症対策本部)も参考に添付致します。

(別添1)新型コロナワクチン接種証明の利用に関する基本的考え方について
(別添2)ワクチン接種が進む中で日常生活はどのように変わり得るのか?
(別添3)ワクチン接種が進む中における日常生活回復に向けた考え方

添付サイズ
(別添1)新型コロナワクチン接種証明の利用に関する基本的考え方について.pdf241.51 KB
(別添2)ワクチン接種が進む中で日常生活はどのように変わり得るのか?.pdf2.25 MB
(別添3)ワクチン接種が進む中における日常生活回復に向けた考え方.pdf737.07 KB