ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合 株式会社アルメディア・ネットワーク代表取締役社長 堀内雅司様

会社を設立されたきっかけや現在に至るまでの苦労された点をお教え下さい。

私は大学卒業後大阪に本社のある大手製薬会社て営業職に携わっていたのですが、平成元年に大手IT企業に転職することに。その会社では人事部(採用~研修)や事業推進など様々な業務を担当した後、東京本社で新規医療システム事業立ち上げのプロジェクトにかかわり、関連子会社を数社立ち上げる経験を通し、その中で培ってきたノウハウを生かし平成14年に当社を設立しました。

顧客獲得に向け当初はオープン系のアプリケーション開発を主力事業として提案型営業を展開し、何の実績もない弊社でしたがお陰様で沢山の大手ユーザー様と直接取引させて頂くことが出来ました。その後、インフラの構築~ネットワーク運用管理及び評価業務へと展開し、次の柱として医療情報システム分野へ参入することとなりました。

医療制度の改定・システムの標準化・医療機関様のニーズを網羅したシステムを構築出来ている企業様もまだまだ少ない時代でした。業界における会社の差別化、個性を打ち出す為にも、「いずれは医療情報システムの分野へ進出を」と考えておりました。

医療情報ソリューションやネットワーク・ソリューションその他のパッケージソフトなど特徴や開発されたきっかけなどお教え頂けますか?

医療情報システムの導入については、大型病院様など、かつて大手コンピュータメーカーや大手IT企業が元請けとして契約を受注されていましたが、最近ではそれ以外にも地域に密着した大手ソリューション会社も参入するようになりました。
一方、小中規模病院様やクリニック様はシステムの導入に当たり予算的にも厳しい面もあり、最新のシステム化を見送っている病院様も少なくないと考えられます。

このような事情からシステム化の新規導入やリプレースを断念している病院様に対しても積極的にご提案し、お手伝いさせていただくことができるのではないかと考えております。
大規模病院様からクリニック・開業医院様まで病院の数だけ運用の数があります。当然すべての運用にフィットするようなソフトは存在しません。

また、一部にあるERPソフトのようなもので標準化できるといったものでもありません。当社ではまず各病院様の運用からフィット&ギャップ分析を正確に行い、標準的なパッケージソフトを選定します。場合によっては個々の病院様に合わせたカスタマイズや機能追加の要望にも可能な限り対応させて頂こうと考えております。
更にWEB対応やセキュリティ対策、ネットワークの構築~運用・ヘルプデスクといったサポートもお任せ頂ければ、現場の環境改善・効率化がより促進されると思います。

HISCOで組合の活動をはじめられたきっかけ、その後の活動において組合に所属されて良かったと思われる事等についてお教え下さい。

昭和59年5月に設立された26年もの歴史あるHISCO組合の小幡理事長のお誘いで平成20年7月から参加させていただきました。当時、大阪では4社で組合活動されていましたが、社外の組織活動で何の実績も無い私に副理事長と言う重責を与えていただきました。

そこで、私が最初に取り組んだ事は・・・
組合の活動内容を充実することにより会員数を増やす『魅力ある組合活動』をキーワードに「新しいIT技術の情報交換と幅広い人脈作り」を目的として今までのIT経営改革フォーラムの内容を見直しました。年2回開催のフォーラムに、より多くの経営者層に参加いただけるために、またビジネスチャンスを拡大していいただけるためにIT業界のニーズマッチしたテーマと知名度の高い講師をお招きしました。

一つは『関西イノベーションパートナーシップ』の事業の一環として、また『Ruby』ではRubyアソシエーションの まつもと ゆきひろ氏を、『Android』でも著名な方々をお招きして盛大にして充実した交流会が開催できました。併せて、「Android研修<入門編>」を現在も定期的に開催しています。

このフォーラム活動を機会に『Ruby』を分離独立させて平成23年12月に『Rubyビジネス推進協議会』を別組織として発足しました。この様なのHISCO活動を広くご理解頂き、会員数も16社にまで増えてきました。これも小幡理事長、川井支部長をはじめ各理事や会員各社様のご協力を頂いた結果だと深く感謝いたしております。

今後のJASPAの活動に対する要望等、是非お教え願います。

東京と大阪でのビジネス連携や共同企画フォーラム等々が積極的に取り組める仕組みを作りたいと常々思っています。

最後に御社についてそして、御社の開発されたソフトについて、PRを思いっきりお願いします。

私は常々「お客様は会社名や資本金、従業員の規模だけで契約先を決めるのではなく、技術力は当然の事ながら、お客様にいかなる貢献、プラスになるサービスができるか、安心して業務を任せられるか、といった基準で会社を選ぶのです」と社員に申しております。

私自身も頻繁にお客様の下に足を運びご担当の方々との面談を重ねて、当社へのご意見・ご要望などを伺い、その上で当社からのご提案内容の説明などを行っています。そうした姿勢の積み重ねが信頼に繋がっていると思います。

社員間の交流・親睦や所属意識を高めるためにコミュニケーションの図れる環境を整備したり、自主的にマナー研修、最新技術研修、資格取得研修などスキルアップに繋がる社内プロジェクトを立ち上げる等々、社員満足度向上に向けた取り組みに努めています。
元気で前向きに働く仲間が増えるほど、新たなビジネスの展開や創造力も高まります。
そして今後はお客様に喜ばれる商品開発にも挑戦し、更なる社会貢献を目指したいと考えております。