全国ソフトウェア協同組合連合会 平成24年11月度運営委員会 記録

投稿者:jaspanet 投稿日時:土, 2012-12-01 13:41

日時 平成24年11月8日 16:00~18:00
会場 江陽グランドホテル 宴会場
出席者
  • 【ホスト団体】
  • 宮城県ソフトウェア事業協同組合(木村裕 太田貴之 高橋義信 柴田信幸 猪又正明 廣川憲樹 伊藤康典 木村翠 伊藤真由美 伊藤絵里香)
    【参加団体】
  • 静岡県ソフトウェア事業協同組合(石渡辰夫)
  • 中央イメージテクノロジー研究開発協同組合(安達幸詔 平川学)
  • KT-NET委員会(林 知之)
  • 首都圏ソフトウェア協同組合(中島洋 横尾良明 眞杉幸市 石井一二 矢野嘉章)

議題

第1号議案 情報処理振興江口課長との懇談会について

眞杉監事より、経済産業省処理振興課 江口課長との懇談設定について内容案等の説明があった。日程については11月16日(金)に開催する。IT業界の今後についてJASPAとしての要望を政府へ届ける重要な機会なので、当日は有意義な会議にしていきたい旨説明があった。すでに各組合にて政府への要望、質問等を取りまとめて頂くようお願いがあったが、まだ以前として少ない状況なので、未対応の組合に対し急ぎJASPA事務局まで報告するようにお願いがあった。

第2号議案 H25年度JASPA賀詞交歓会について

横尾専務理事より賀詞交歓会について、開催日は平成24年1月17日(木)であり、その他に関して報告があった。来年の賀詞交歓会ホスト組合は中央イメージテクノロジー研究開発協同組合様を中心に開催することを確認した。会場についてはグランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールで開催し、講演会は「香雲・翠雲」、懇親会「青葉」で開催する事が報告された。また、講演会については本年同様にパネルディスカッションを開催するが、政局が不安定であるため、テーマを設定し有識者による討論を実施すべきとの意見が出された。

第3号議案 経済産業省情振課課長との懇談会について

眞杉監事より、経済産業省処理振興課 江口課長との懇談設定について内容案等の説明があった。日程については詳細を調整中であるが、IT業界の今後についてJASPAとしての要望を政府へ届ける重要な機会なので、当日は有意義な会議にしていきたい旨説明があった。そこで各組合にて政府への要望、質問等を取りまとめて頂き、JASPA事務局まで報告するようにお願いがあった。

第4号議案 広報委員会からの報告(JASPA会報等)

事務局より守田広報委員長に成り替わり、再度組合会員基礎情報データ表について必ず各組合は新任の広報委員を中心に情報収集をし、事務局に提出するようにお願いがあった。最後にJASPA会報誌の広告掲載及びPR原稿について積極的な出稿をお願いしたいとの依頼があった。

JASPAホームページの「東西南北NEWS・各組合からのお知らせ」について、各組合の日頃の活動状況や役員人事、新規加入組合員、組合員の商品情報および会員の慶弔情報の提供のお願いがあった。また、「クラウド最前線ドリームフォース‘12 in S.F.」講演会の案内があった。JASPA顧問である岡積正夫が米国サンフランシスコにおけるセールスフォース・ドットコムのコンベンションに参加され、その内容を講演してくださるとの事だった。これからのIT産業を担う30代~50代の若手の会員には特に参加してほしいとの依頼があった。

第5号議案 ITソフトウェア基準法推進委員会より報告

横尾事務局長より、ITソフトウェア基準法推進委員会の進捗状況についての報告がなされた。10月23日に第6回の委員会を開催し、委員からはソフトウェアに名前が記述されていないことで、テロや最近ニュースに出ている「なりすまし」を引き起こしたマルウェアの問題も名前をソースコードに記述することで問題の解決が早くなのではないか?等の意見が出されたことが報告された。しかしながら、別の委員からはなりすましのウィルスソフトは違法とされていない第3国サーバーを経由して送られたり、操作されているケースが多くマルウェア (不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称)とソフトウェアとの問題は根本的に違うことであり、ソフトウェアの品質を担保するのはトレサビリティーではなく第三者機関による認証制度であるという意見が出されたことが報告された。

第6号議案 1月度運営委員会(賀詞交歓会)開催のお知らせ(東京)

事務局より平成25年1月17日に開催される1月度運営委員会(東京)及び、賀詞交歓会について説明され、議長からは会員各社に積極的な参加を促していくことで了承された。

第7号議案 2013年度スケジュール(案)について

横尾事務局長より2013年3月までの期間について開催日程等の確認が行なわれた。また、2013年10月10日はANIA退会が長野県で開催されるため埼玉開催、翌月11月7日は福岡で開催することが提案された。