全国ソフトウェア協同組合連合会 平成26年6月度運営委員会 記録

投稿者:jaspanet 投稿日時:月, 2014-06-23 09:17

日時 平成26年6月18日(水)16:00~18:00
会場 軽井沢プリンスホテルウェスト 白樺
出席者
  • 【参加団体】
  • 青森県ソフトウェア協同組合(長内睦郎、鈴木敏弘)
  • 宮城県ソフトウェア事業協同組合(木村裕)
  • 首都圏ソフトウェア協同組合(中島洋、横尾良明、眞杉幸市、齊藤光仁、櫻井多佳子、加藤雅史、舟橋千鶴子、井上雅之、鷹羽和利)
  • グリーンIT協同組合(岡積正夫)
  • ソフトウェア事業協同組合(吉弘京子、磯崎澄、坂蒔恭一)
  • 中央イメージテクノロジー研究開発協同組合(平川学、山藤武志、堀越正)
  • ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合(向浩一、青谷哲也、岡万里子)
  • KT-NET(林知之)

議題

第1号議案 JASPA第19回通常総会のご報告


事務局より、5月15日(木)に開催されたJASPA第19回通常総会の報告があった。
内容は以下の通りで、すべて満場異議なく原案通り可決決定したことが報告された。
併せて、第7号議案により決定した平成26年度役員の報告もあった。

  第1号議案 平成25年度決算関係書類承認の件
  第2号議案 平成26年度事業計画、収支予算並びに経費の賦課及び徴収方法決定の件
  第3号議案 平成26年度借入金残高の最高限度額決定の件
  第4号議案 1組合員に対する貸付金残高の最高限度の決定の件
  第5号議案 手数料及び貸付利息の最高限度決定の件
  第6号議案 役員報酬決定の件
  第7号議案 理事監事選挙の件

詳細は、http://www.jaspanet.or.jp/node/367 参照

第2号議案 事務局長会議のご報告

眞杉監事より、5月15日(木)に開催された事務局長会議において、各会員組合の代表者が発言した組合の状況について報告があった。

第3号議案 青森県ソフトウェア協同組合加入のご報告 7月度運営委員会開催のお知らせ(青森)

先のJASPA第19回通常総会にて、認可され次第、JASPAの正式な会員になることが確認された。
青森県ソフトウェア協同組合の長内理事長より、組合の申請状況等の報告があった。
当初より、若干遅れているものの7月1日には、晴れて認可され、次回7月開催の青森での運営委員会で正式に報告ができる旨の説明があった。
また、併せて、7月度運営委員会の開催案内があった。

第4号議案 2014年日台ビジネスアライアンス交流会の件

事務局より、6月5日(木)~6日(金)に台北で開催された2014年日台ITビジネスアライアンス交流会及びComputex Taipei 2014についての報告があった。
6月5日に台北市の台大病院国際会議中心で開催された2014年日台ITビジネスアライアンス交流会には、JASPAからも中島会長をはじめ多数のメンバーが参加した。本交流会は、日本‐台湾‐中国による「新ゴールデントライアングル」構想に基づいたもので、台湾での開催は本年で6年目となり、年々参加者が増えている。内容としては、主催者挨拶、台湾及び日本の基調講演、台湾及び日本の企業紹介、商談会、懇親会であった。
また、同時に開催されているComputex Taipei 2014については、台北市コンピュータ協会及び台湾対外貿易発展協会主催によるもので、出店規模は1800社、来場者数は13万人というアジア最大規模、世界的にみてもCEBITに次ぐ世界第2位のIT展示会である。今年は、スマート携帯端末、モバイルコンピューティング、デバイスの変形、マルチタッチパネル、ウェラブル・テクノロジーなどが注目された。

第5号議案 22世紀フォーラム実行委員会報告

青谷参事、林参事及び各委員会の委員長より、22世紀フォーラムの活動状況について報告があった。
報告の概要は、以下の通り。

(1)経営支援委員会
 ・9月に「派遣法改正」に関するセミナーを開催することで検討中。
(2)教育委員会
 ・社内のキャリアアップを目的としたプログラムを検討中。
 ・共同求人については、新卒採用をしている会社に企業案内の作成を依頼し、大学に配布したい。
 ・JASPAアプリ甲子園(仮)の開催を、学生・企業を対象に検討中。
(3)ビジネス委員会
 ・営業、案件情報共有に関するシステムを7月初旬にリリース予定。
 ・先進技術セミナー(KDDI研究所主催)を6月23日(月)開催予定。
 ・会員製品商材・ソリューション共有についてアンケート実施中であるが回収率は芳しくなかった。
 ・展示会、セミナー企画、運営については継続検討する。
 ・共同受注サポートについては、継続対応する。
 ・入札情報サービス(WIZBIZ)の利用について、当初は5社で開始する。
(4)交流委員会
 ・JASPA内交流をビジネス委員会と共に継続検討する。
 ・他団体との交流としては、5月20日にテレサ協と会食実施、6月27日に日本ベトナム間の経済貿易協力セミナーに参加予定。
 ・政府官公庁交流として5月20日に経済産業省情報処理振興課を訪問、5月29日に日韓中小企業政策フォーラムに参加した。
 ・エストニア視察を検討中。また、6月4日~7日に日台ITビジネスアライアンス交流会に参加した。
(5)福利厚生、社会貢献委員会
 ・保険のセミナーを受講した。今後のセミナー開催に向けて継続して検討する。
 ・障害者雇用と助成金について、継続調査中。

第6号議案 広報委員会からの報告

事務局より、JASPAホームページをリニューアルし、トップにTOPIXコーナーを設けたとの報告があった。
TOPIXコーナーの掲載内容は以下の通りである。

(1)イベント、研究会、セミナー、研修ツアーなどの告知や参加者の募集
(2)ソフトウェアのPRや利用、販売の促進
(3)技術、案件、人材、協業などについての会員各社への呼びかけ、相談
(4)各組合での活動報告や人事情報
(5)会員間の情報収集(アンケートなど)や情報共有すべき項目など
(6)全国NETばらではの各地からのリアルタイム情報

第7号議案 ITソフトウェア法のご報告

眞杉監事より、5月20日に経済産業省にて開催した第2回ITソフトウェア法打ち合わせについて報告があった。
討議内容としては、前回の討議の振り返り、本検討会の当面の目標を決めることであった。
本打ち合わせの詳細は公表できないが、本打ち合わせにて検討された内容を経済産業省内で、さらに検討していただき、できること、できそうもないことの切り分けを行うことになった。
次回打ち合わせは、7月23日(水)の予定。

第8号議案 2014年度スケジュール(案)について

横尾事務局長より、2015年度年間行事予定表の確認があった。
今回は、年間行事予定に関する変更はなかった。