宮城県ソフトウェア事業協同組合 株式会社エヌピーエス 代表取締役 柴田信幸様

「企業にとって一番有益なこと、その方法」は、企業ごとのスタイルに合わせ、その時の最適を見つけだすことです。目先ばかりを追うのではなく、常に先を見据え、社会状況や流行にとらわれ惑わされることなく、自分らしさの表現を見つけだすもです。新しい考えが常に常に優れているとは限らず、古い考えにも良いものはたくさん存在すると思っています。

会社を設立されたきっかけや現在に至るまでの苦労された点をお教え下さい。

私が、会社を設立した1984年は、オフコンの最盛期でした。当時磁気テープ等サプライの販売をしておりましたが、競合も少なく非常に利益の取れる仕事でリピート率も高くOA機器の販売より魅力を感じ開業致しました。
その後、お客様よりシステムの相談を受けるようになり自然な形でシステム受注も受けるようになりました。

貴社の特徴やサービスについてお教え頂けますか?

現在当社は、宮城県庁外郭団体をはじめ民間350社程度の会社に、OAサプライ商品を提供しております。そのサプライユーザー対して、OA環境、業務改善等のアドバイス及び提案を行っております。
サプライからシステム提案まで幅広く営業しております。
長いお付き合いの会社が多いので、良い商品があれば採用して頂ける確率が非常に高いです。

宮城県ソフトウェア事業協同組合に所属されて良かったと思われる事等についてお教え下さい。

お客様との面談において、組合と言う第三者的立場として質問等が出来る為、直接は聞きづらい事も躊躇なく聞けるので、内容の濃い商談ができております。
又、全国的、技術的な面でも、上部団体にJASPAがありますので、話の幅が広がり、安心感を与える事が出来、非常にスムーズな商談に結びついておりす。

最後に御社についてそして、御社のPRを思いっきりお願いします。

現在当社では、下記2商品が開発されております。

1、「WEBギフトカード」
簡単に言いますと結婚式の引出物として頂く「カタログギフト」、のWEB版です。
カタログ代がかからず、荷物にならず、住所等のデータも自動的に習得でき、価値ある商品も提供できます。

2、「WEBバーコード勤怠管理システム」
入力機器の試作品が11月内に完成します。
現在、市販されている各メーカー価格の1/3以下のシステム価格にて提供でき、調査段階でも非常に反響のあった商品です。