JASPA各専任委員会からの報告

連合会の社会貢献活動及び会員の為に必要な共同事業や会員の経済活動を支援するための専任委員会の概要、目的と具体的な活動を紹介します。

JASPA22世紀フォーラム

概要・目的

JASPAの理念を承継し、更なる発展成長を目的とした若手経営者を中心の組織が2014年より本格的活動を開始した。
【JASPA理念】・技術力や経営基盤の強化・社会的信頼の向上・情報社会の発展に貢献

活動内容

22世紀フォーラムを構成する各委員会の活動支援及び、22世紀フォーラム全体の運営及び事務局を担当する。

2019年の活動実績

毎月第一木曜(JASPA運営委員会前週木曜)を基本として、22世紀フォーラム連絡会議を開催し、各員会の活動報告やイベントの企画などを討議した。
JASPA事務局の泉岳寺を基本に会議を行っているが、地方会員の為にWeb会議システム(ZOOM)を活用して、当日集合できない会員や地方会員の参加を支援した。
各委員会の報告通り、賀詞交歓会、JASPAフェアをはじめ、数多くのイベントの企画運営支援を実施した。

メンバー

2020年9月現在

名前所属委員会所属組合/組織
林 知之会長/交流委員長/ビジネス推進埼玉ソフトウェア事業協同組合
青谷 哲也副会長/経営支援ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合
太田 貴之副会長/教育・人財委員長/社会貢献・福利厚生宮城県ソフトウェア事業協同組合
守田 徹顧問/広報委員長グリーンIT協同組合
石井 雄二幹事/ビジネス委員長KT-NET
塚本 学幹事/経営支援委員長首都圏ソフトウェア協同組合
櫻井 多佳子幹事/社会貢献・福利厚生委員長首都圏ソフトウェア協同組合
河原 健光交流副委員長、ビジネス推進北海道ソフトウェア事業協同組合
小堀 幸彦ビジネス推進宮城県ソフトウェア事業協同組合
小山 守ビジネス推進宮城県ソフトウェア事業協同組合
丹野 尚弘交流宮城県ソフトウェア事業協同組合
堀 明子経営支援埼玉ソフトウェア事業協同組合
原口 一孝広報埼玉ソフトウェア事業協同組合
砂田 剛交流埼玉ソフトウェア事業協同組合
郡司 良男経営支援副委員長/教育・人財首都圏ソフトウェア協同組合
田井中 友香広報副委員長/社会貢献・福利厚生首都圏ソフトウェア協同組合
通事 政章交流首都圏ソフトウェア協同組合
伊与 徹也広報首都圏ソフトウェア協同組合
中川 優介ビジネス推進首都圏ソフトウェア協同組合
加藤 洋一交流首都圏ソフトウェア協同組合
須貝 嘉典教育・人財首都圏ソフトウェア協同組合
五十嵐 美帆経営支援首都圏ソフトウェア協同組合
堀越 正経営支援中央イメージ・テクノロジー研究開発協同組合
飯嶋 隆人ビジネス推進中央イメージ・テクノロジー研究開発協同組合
山藤 武志広報中央イメージ・テクノロジー研究開発協同組合
安齋 輝雄ビジネス推進電算ソフトウェア協同組合
實石 貴久交流静岡県ソフトウェア事業協同組合
奥出 邦且ビジネス推進副委員長/交流ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合
伊集院 一人ビジネス推進ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合
高畑 道子社会貢献・福利厚生副委員長ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合
松谷 洋子教育・人財ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合
加來 信夫交流ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合
古賀 欣治教育・人財副委員長KT-NET
蕭 烱森交流KT-NET
近森 満経営支援/教育・人財CSAJ

経営支援委員会

概要・目的

JASPA参加組合各企業の経営に役に立つ情報や、メリットを提供することを主たる目的とする。

活動内容

(1)助成金獲得ノウハウ共有 (2)資金繰りノウハウ共有
(3)各士業(弁護士、医師、税理士など)協会との連携を強化し、中小企業経営に有意義な関係を作る。
(4)オフショア・ニアショア開設支援および業者紹介 (5)内部統制対策支援
(6)事業継承相談 (7)その他の経営相談

メンバー

委員長 :塚本 学(首都圏ソフトウェア協同組合)
副委員長:郡司 良男(首都圏ソフトウェア協同組合、埼玉ソフトウェア事業協同組合)
委 員 :堀 明子(埼玉ソフトウェア事業協同組合)
     五十嵐 美帆(首都圏ソフトウェア協同組合)
     堀越 正(中央イメージ・テクノロジー研究開発協同組合)
     青谷 哲也(ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合)
     近森 満(CSAJ)

ビジネス推進委員会

概要・目的

JASPA参加組合の各会員企業に対してビジネス事業を助力・促進することを目指し、商品・人材・案件・購買等のビジネスに関わる情報を会員と共有し、相互に利用できる機会や、その仕組みとノウハウを提供する。

活動内容

(1)JASPA全国組合およびその組合の企業情報をWEBによる一般公開
(2)会員企業の製品・商材・ソリューションの共有とビジネスコラボレーション(毎月の全国組合運営会議で開催)
(3)先端技術共有とサイバーセキュリティ教育(KDDI総合研究所、IoT塾/検定、ITキャリア推進協会など)
(4)JASPAフェア・展示会・セミナー企画と運営
(5)JASPA 組合企業によるビジネスマッチング会(通称、ビジネス市場)の開催
(6)JASPA 組合企業によるWEBでの営業情報の共有・公開と案件情報の一斉配信(通称、WEB版ビジネス市場)と運用
(7)諸団体、他組合とのビジネス交流会、ビジネスマッチング会、アライアンス交流会の開催(年3~4回)

メンバー

委員長 :石井 雄二(KT-NET)
副委員長:奥出 邦且(ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合)
委員  :河原 健光(北海道ソフトウェア事業協同組合)
     小堀 幸彦(宮城県ソフトウェア事業協同組合)
     小山 守(宮城県ソフトウェア事業協同組合、電算ソフトウェア協同組合)
     林 知之(埼玉ソフトウェア事業協同組合、KT-NET)
     中川 優介(首都圏ソフトウェア協同組合)
     飯嶋 隆人(中央イメージ・テクノロジー研究開発協同組合)
     安齋 輝雄(電算ソフトウェア協同組合)
     伊集院 一人(ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合)

教育・人財委員会

概要・目的

JASPA参加組合の各会員企業に対して、社員教育を通じて人財育成に寄与する。
また行政機関や他団体との連携を図り、わが国のITリテラシーやIT教育の質を向上するべく活動を行う。

活動内容

(1)JASPAオリジナルの教育カリキュラム構築
(2)セミナー、講習会、研修会の企画・開催
(3)行政機関、他団体との情報連携

メンバー

委員長 :太田 貴之(宮城県ソフトウェア事業協同組合、電算ソフトウェア協同組合)
副委員長:古賀 欣治(KT-NET)
委 員 :郡司 良男(首都圏ソフトウェア協同組合、埼玉ソフトウェア事業協同組合)
     須貝 嘉典(首都圏ソフトウェア協同組合)
     松谷 洋子(ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合)
     近森 満(CSAJ)

社会貢献・福利厚生委員会

概要・目的

組合企業の一人一人が、すこやかに仕事ができる環境を提供することで、各組合の活性化を支援する。各地域に存在する組合のネットワークを駆使し、ITを通じて社会への貢献を目指す。

活動内容

(1)障害者雇用、障害者協会などへの仕事の依頼
(2)シニア技術者への雇用機会拡大、女性のワークバランスの見直しなどの強化
(3)JASPA共済 (4)災害時の募金活動
(6)その他、年金、健保、など福利厚生の強化

メンバー

委員長 :櫻井 多佳子(首都圏ソフトウェア協同組合)
副委員長:高畑 道子(ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合)
委 員 :太田 貴之(宮城県ソフトウェア事業協同組合、電算ソフトウェア協同組合)
     田井中 友香(首都圏ソフトウェア協同組合)

交流委員会

概要・目的

会員組合間の交流や会員組合傘下企業の経営者・社員間の交流、また政府・官公庁や他協会・海外企業との交流を通して、会員組合への情報提供や組合活動の活性化を支援する。

活動内容

(1)会員交流の企画、開催  (2)政府・官公庁との交流
(3)他協会との交流  (4)海外企業・団体との交流
(5)懇親スポーツ大会(ゴルフやボーリングなど)
(6)懇親交流会(クリスマスパーティーなど)

メンバー

委員長 :林 知之(埼玉ソフトウェア事業協同組合、KT-NET)
副委員長:河原 健光(北海道ソフトウェア事業協同組合)
委 員 :丹野 尚弘(宮城県ソフトウェア事業協同組合)
     砂田 剛(埼玉ソフトウェア事業協同組合)
     通事 政章(首都圏ソフトウェア協同組合)
     加藤 洋一(首都圏ソフトウェア協同組合)
     實石 貴久(静岡県ソフトウェア事業協同組合)
     奥出 邦且(ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合)
     加來 信夫(ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合)
     蕭 烱森(KT-NET)

広報委員会

概要・目的

①連合会の意義、活動を広く内外に報じて認知、理解を図り社会、業界の発展に貢献する。
②会員組合および加盟組織間の意思の疎通と情報の共有を促進し会員組織の事業の活性化を促す。
③広報媒体を活用して加盟会員の業務、ソリューションを広報し、会員企業の発展を支援する。

活動内容

(1)会報誌、WEB会報誌(HP)、メールニュース(メルマガ)などの広報メディアにより、連合会の目的、活動を広報し認知度を上げ信頼を得て業界の発展に尽くす。
(2)連合会の会員特典の認知や会員間の情報の共有によりコミュニケーションの促進と会員の事業の発展に寄与する。
(3)広報メディア(3媒体)による連合会、各専任委員会のイベント(賀詞交歓会、JASPAフェア、総会、セミナーなど)の開催告知や集客、広報。
(4) 広報メディア(3媒体)を活用して会員企業の営業案内、ソリューションの紹介などにより会員の事業の発展を支援する。
(5)マスメディアを通じて連合会の活動をリリースして存在の認知と理解、活性化を図る。
(6)連合会会員の特典(JASPA共済、JAPICO・個人情報保護認証、ビジネス市場)などの認知、販促広報。
(7)加盟会員の企業情報およびソリューション情報の収集、データベース化「ビジネス市場」の活用を促進して会員間の協業や事業の発展に寄与する。

メンバー

委員長  :守田 徹(グリーンIT協同組合)
副委員長 :田井中友香(首都圏ソフトウェア協同組合)
委 員   山藤 武志(中央イメージ・テクノロジー研究開発協同組合)
      伊与 徹也(首都圏ソフトウェア協同組合、埼玉ソフトウェア事業協同組合)
      原口 一孝(KT-NET、埼玉ソフトウェア事業協同組合)

*22CFメンバーの広報委員のみ掲載。
添付サイズ
JASPA22CF会則.pdf177.31 KB