全国ソフトウェア協同組合連合会 平成27年4月度運営委員会 記録

投稿者:jaspanet 投稿日時:月, 2015-05-11 11:36


平成27年4月23日(木)埼玉ソフトウェア事業協同組合の主催により、JASPA運営委員会を開催した。今回は、いつもの運営委員会と趣向を変え、長野県佐久市にあるイノシシ料理の店「やまおく」での開催となった。店の玄関には、まさに桜が満開の状態で、暑くもなく寒くもない気持ちのよい運営委員会となった。

今回は、いよいよ来月13日にゲートシティ大崎で開催される「JASPAフェア2015」の話題が中心となった。テーマは、「セキュリティ対策とIoT」、マイナンバーとともに、現在最も旬な話題といえるテーマである。

基調講演は、いずれもその世界の第一人者によるもので、非常に興味深い内容のものばかりである。各社の経営層だけでなく、将来のビジネスを担う若手層にもぜひ聞いてほしい内容となっている。
JASPAフェア2015の基調講演は、以下の通りで、すべての講演を中島会長自らコーディネートする。

1.「企業とサイバーセキュリティ対策」
  株式会社ラック 取締役CTO 西本 逸郎氏

2.「マイナンバー留意のポイントと個人情報保護」
  株式会社富士通総研経済研究所 主席研究員 榎並 利博氏

3.「IoTに関わるテクノロジーについて」
  KDDI研究所 ネットワークセキュリティグループ リーダー 窪田 歩氏

4.「サイバーセキュリティ・ソフトウェア企業への期待」
  一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター 専務理事 早貸 淳子氏

基調講演の他にも、会員各社によるプレゼンテーションや展示もあり、JASPAを皆さんにより知っていただく機会になると期待している。

また、翌14日は、東京・高輪の笹川記念館でJASPAの総会が開催される。
総会では、自由民主党衆議院議員 IT戦略特命委員長 平井たくや議員による「マイナンバーの未来」という特別講演会も開催される。JASPAフェアでもマイナンバーに関連する講演があるが、こちらは、話し手の立場が全く逆で、政府視点での講演となり、JASPAフェアでの榎並氏の講演とは、また違った側面となり、大変興味深い。

この週は、12日(火)にも、南青山にて、JASPA社会貢献・福利厚生委員会主催の「ストレスチェック」、「障害者雇用」に関するセミナーもあり、まさにJASPAウィークとなる。東京の企業様だけでなく、遠方の皆様も総会と併せて、本セミナー、JASPAフェアにも出席いただき、これらJASPAイベントを成功させたいものである。

最後に、内山氏より、JAPiCOにてマイナンバー対応への資格試験制度を始める他、新たに企業サポートを展開することも検討しているとの報告があった。JAPiCOでは、個人に対する教育が重要と考え、個人情報管理士という個人の資格を設けている。本資格を取得すると、月額200円程度で、電話やメールでの問い合わせ窓口の利用サービス、毎週その週の事故事例を纏めたニューズレターの配信サービスを受けることができるようになるので、活用してほしいとのことであった。

日時 平成27年4月23日(木)16:00~17:30
会場 いのしし料理「やまおく」
出席者
  • 【参加団体】
  • 宮城県ソフトウェア事業協同組合(木村裕、太田貴之)
  • 首都圏ソフトウェア事業協同組合(中島洋、横尾良明、眞杉幸市、齋藤光仁、内山和久、塚本学、郡司良男、秋田忠之、舟橋千鶴子、鷹羽和利)
  • グリーンIT協同組合(守田徹、岡積正夫)
  • 中央イメージ・テクノロジー研究開発協同組合(平川学、堀越正、飯嶋隆人)
  • ソフトウェア事業協同組合(磯崎澄、吉弘京子、座喜味祭樹)
  • ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合(青谷哲也)
  • KT-NET(林知之、石井雄二)

議題

会長挨拶

最近はマイナンバーに関わる話として、いろいろなソフトウェア会社からJAPiCOと連携できることはないかという相談がきている。従来の個人情報保護法は5000件を超えるところしか対象ではなかったが、今後はそれが無くなる。従業員が一人でもいると、給料を払って、源泉徴収票を税務署に届けなくてはならないが、ここには、マイナンバーをつけるので、マイナンバーを管理する事務取扱事業者になる。こうなると非常に厳しい安全管理義務が生じることになるので、各社注意が必要となる。

第1号議案 JASPA専任委員会からの報告

1.経営支援委員会
塚本委員長より、以下の7項目について報告があった。
・セミナー及びIT ビジネスコンテスト運営
 秋の開催に向けて、関係各所と調整中。
・情報漏洩リスクに対する支援
 現在、あいおい及びメットライフアリコに総合保険の提案を要請中
 情報漏洩、メンタルヘルス、マイナンバーがカバー出来るよう依頼  
・サイバーセキュリティ法への対応
 HPでの情報提供及びトレンドを配信(広報委員会との連携)
 定例広報委員会にて検討中
・助成金情報の配信
 HPでの情報提供を行います(広報委員会との連携)
 定期広報委員会にて検討中
 「ミラサポ」中小企業庁、「J-Net21」中小企業ビジネス支援サイト
・新銀行東京とJASPA会員専用融資の検討
 3月23日(月)新銀行東京と組合向け融資の打ち合わせを行った。
・厚生労働省にて、今年度政策について説明を受ける。
・良くわかるマイナンバー制度の資料を作成中。

2.ビジネス委員会
秋田委員長より、以下の3項目について報告があった。
・営業情報、案件情報共有について
 サイトを構築済み。デザインをJASPA仕様に変更して取り込み中。当完了後、公開予定。
・展示会・セミナー企画、運営について
 5月13日(水)大崎にて開催のJASPAフェアの検討を実施し、中島理事長のコネクションから基調講演者と大枠が決定。
 テーマは、「セキュリティ対策とIOT」。JASPA側にて100名の集客を目指す。
・沖縄県との協業に関しての検討
 KT-NETの事業交流会とMETSA協議会にて沖縄進出に関して説明をして頂いた。
 JASPAフェアに関しては、東京事務所の3名と本庁の方が出席予定。
 今後協業していくことで調整済み。今年の11月の沖縄運営委員会は、
 OIST(沖縄科学技術大学院大学)を絡めたスケジュールを検討。訪問に関しては、仮了承済み。

3.教育・人財委員会
平川教育委員より、以下4項目について報告があった。
・共同求人
 METSAを中心に各学校を訪問し、合同企業説明会開催を申し出ている。
 現時点で、3校ほど開催を確認している。日本電子専門学校など、7月以降9月までの開催希望が多い。
 METSAのノウハウを各組合に提供していく。各組合内に、METSAと同じく、共同求人研修研究会のような
 組織を作っていただき情報交換を進めていきたい。
・各組合への意識調査
 METSA内で別紙のようなアンケートを実施する予定。
 JASPAの各組合理事長宛に、JASPA内での共同求人研修への取り組み意識および現状の調査を行っていく。
・行政機関等との関係づくり
 東京都中小企業振興公社、東京しごと財団との関係づくりをはじめた。
 今後、東京都雇用就業部、そして厚労省との関係づくりを進めていく。
・行政機関の研修メニュー情報の提供

4.社会貢献・福利厚生委員会
太田福利厚生委員より、以下2項目について報告があった。
・障害者雇用セミナーの開催
 5月12日(火)の16時よりにラルティザンにて開催。
 ストレスチェックについて、障害者雇用について、2本のセミナー開催後、交流会・名刺交換会を1時間開催予定。
・6月22日(月)に第3回目セミナーを開催
 マイナンバー(JAPICO)とメンタルヘルスセミナーを予定。

5.交流委員会
太田交流委員長より、以下4項目について報告があった。
・JASPA内交流
 5月26日(火)若手社員交流会を実施予定。
・他団体交流
 ITマネジメントサポート協同組合、クラウドサービス推進機構へ訪問予定。
・政府・官公庁交流
 ・3月19日(木)沖縄県商工労働部玉城統括官、眞喜志主任と会食した。
 ・4月1日(水)島根県との情報交換を実施した。 
  → 22CF連絡会にて企業誘致策の説明を依頼するか審議する。
 ・4月16日(木)平井先生を励ます会に参加した。
・海外視察
 バリ視察 → 9月21日(月)~25日(金)セキュリティカンファレンス開催。

6.広報委員会
守田広報委員長より、以下2項目について報告があった。
・今月より、月例の広報委員会を開催することにした。
 その内容は、広報活動の基本(目的)の確認、JASPAの広報戦略の検討、
 具体的な広報活動の抽出、広報活動の分担・担当、集客及び他委員会からの課題検討である。
・JASPAフェア開催にあたり、集客・募集活動のお願い
 ポスター、チラシの作成、各会員組合・会員企業への配布、積極的な参加と募集活動のお願い

第2号議案 JASPAフェア2015(KT-NETフェスタ2015)開催について

JASPAフェアについて、中島会長より、以下の説明があった。
今後、セキュリティ、マイナンバー、IoTの問題がどんどん大きく発展していく問題なので、JASPAフェアには、経営トップだけではなく、将来のビジネスも含めたことを考える意味では、若手の社員にもぜひ大勢参加してほしい。

株式会社ラックの西本さんは、新聞、雑誌でもよく出てくるサイバーセキュリティの第一者であり、JASPAフェアでは、「企業とサイバーセキュリティ対策」というテーマで講演をしていただく。

富士通総研の榎並さんは、マイナンバー問題ではいろいろなところから引っ張りだこの人で、今回は、「マイナンバーの留意ポイントと個人情報保護」というテーマで講演していただく。

IoTについては、この時間ではとても語りきれないほどの話題がある。IoTにはセキュリティの問題も多く、それらにどう対応するのか。KDDI研究所の窪田さんには、「IoTにかかわるテクノロジーについて」講演をいただく。

JPCERTの早貸さんには、「サイバーセキュリティ、ソフトウェア企業への期待」というテーマで講演をいただく。今、日本でインターネットを通じたインシデントがあるとJPCERTに報告がいく仕組みになっている。そのため、JPCERTはこういう情報が一番集まっている場所であり、インシデントに対する情報共有の中心になっているといえる。

今年は、JASPAの認知度を高めることも必要となってくるので、今回は多くは期待できないが、学校関係にもJASPAフェアを告知することも重要である。また、JASPAの賛助会員団体、或いは、メディアにも別途招待する。

JASPAフェア(KT-NETフェスタ2015)は、以下の要領で開催する。
・開催日時 5月13日(水)13:00~18:00(懇親会は、18:10~19:30)
・開催場所 ゲートシティ大崎
・参加費 2000円(懇親会は、別途3000円)

第3号議案 第20回通常総会について

事務局より、第20回通常総会について、以下の説明があった。
・開催日 5月14日(木)
・会場
 事務局長会議~特別講演会:笹川記念館 第5会議室
 懇親会:品川プリンスホテル メインタワー26F パール26
・事務局長会議  12:30~13:30
・運営委員会   13:45~14:30
・総会
 共済会総会   14:45~15:00
 JASPA総会  15:00~16:15
・特別講演会   16:30~17:30
 講演者 自由民主党 衆議院議員 IT戦略特命委員長 平井たくや議員
 テーマ 「マイナンバーの未来」
・懇親スポーツ大会 5月15日(金)開催
 豊里ゴルフクラブ 茨城県つくば市 スタート 午前8時35分~

第4号議案 2015日台ソフトウェア企業交流商談会について

事務局より、毎年恒例となっている日台企業交流商談会、Computex台北に関する案内があった。

・日程 平成27年6月3日(水)~6日(土)
・主なスケジュール
 6月3日(水)日本出発 夜、日台歓迎会
 6月4日(木)終日、日台ソフトウェア企業交流商談会 夜、懇親会
 6月5日(金)ゴルフコンペ或いは、Computex台北
       一部の参加者は、夜、SYSCOM40周年パーティ
 6月6日(土)出発まで自由行動、夕方帰国

第5号議案 2015年度スケジュール(案)について

横尾事務局長より、2015年度のJASPA運営委員会のスケジュールの説明があった。2016年1月開催の賀詞交歓会は、会場手配の都合上、1月28日(木)に開催される可能性が高いとの報告があった。

その他議案

内山氏より、JAPiCOにてマイナンバー対応への資格試験制度を始める他、新たに企業サポートを展開することも検討しているとの報告があった。
また、中島会長より、以下補足があった。
個人情報の企業認証については、Pマークと同等の仕組みになっているにも関わらず、コストは半分から3分の2で済むようになっている。それに加え、個人に対する教育が重要と考え、個人情報管理士という個人の資格を設けている。本資格を取得すると、月額200円~1000円程度で、電話やメールでの問い合わせ窓口の利用サービス、毎週その週の事故事例を纏めたニューズレターの配信サービスを受けることができるので、皆さん活用して欲しい。

最後に、眞杉監事より、JASPA或いはJASPA共催を知ってもらいたいという理由で、JASPAフェア2015の展示共催を行いたいとの提案があり、満場一致で承認された。