JASPA他、各団体代表者によるパネルディスカッション開催(10/9、幕張メッセ)のお知らせ(交流委員会)

投稿者:jaspanet 投稿日時:水, 2015-08-19 16:50

JASPA他、各団体代表者によるパネルディスカッション開催(10/9、幕張メッセ)のお知らせ(交流委員会)

パネルのポイント

1、日本のソフトウェア製品・サービスはジャパンクオリティーと言われるように品質には定評がある。しかし輸出比率は極めて低い。これは海外からの製品を積極的に受け入れ、紹介、また、バーターで日本プロダクトを提供していく団体がまとまっていない。

一本化されれば海外からも見えやすい存在となる。

2、エンジニア不足が叫ばれる中、業界として次代を担う若者育成のための活動が不足している。政官一体となってIT教育を推進し、セキュリティー観念を備えたITリテラシーの高い子供たちを養成するのは急務である。これは是非、一体となって取り組みたい。

3、IT政策がいくつもの省庁にまたがり、後追い政策になっている。これは単に官の責任のみではなく、それに呼応して民もばらばらになった結果である。また、ITに関連する法案が成立する前に、業界にとって不利になる事象はまとまって意見を上申する必要がある。

まとめとして日本国のIT政策をさらに推進するにあたり、民間はその受け皿を一つにすることが重要である。

日時 10月9日(金)13:00~14:30
会場 幕張メッセ 国際会議場コンベンションホールB
登壇予定者 モデレータ 日本経済新聞社編集委員 関口和一氏
JASPA 中島 洋会長、CSAJ 荻原 紀男会長、
ANIA 長谷川 亘会長、JIET酒井 雅美理事長
添付サイズ
CEATEC2015パネルディスカッション.pdf202.31 KB