ISFnet社、障がい者雇用施設見学会報告(福利厚生・社会貢献委員会)

投稿者:jaspanet 投稿日時:木, 2015-09-03 15:42

2015年8月20日(木)、JASPA22世紀フォーラムの福利厚生・社会貢献委員会の主催で「ISFnet社、障がい者雇用施設見学会&暑気払い 交流会」を開催しました。当日はJASPA会員の方、約20名の皆様に参加頂きました。

ISFnet社は400名の障がい者を雇用し雇用人数としては日本で2番目の人数となっているそうです。雇用施設のみでなく国から受託している訓練施設も見学しハンディキャップがありながらも生き生きと働いている方々を拝見しながら現場で行っている作業や訓練の内容などの説明を伺いました。

施設見学の後はISFnet社の渡邉社長にご講演頂きました。
日本における障がい者雇用の実態や、中小企業における障がい者雇用の重要性や意義、またISFnet社が掲げる“25大雇用”への想いや会社の今後など、大変貴重なお話しを伺うことができました。

講演終了後、渡邉社長にも参加頂き暑気払いの交流会を行いました。
障がい者を雇用する上で大切にするべきコツなど掘り下げたお話しも伺いつつ、会員同士の情報交換も行われ有意義な時間となりました。
参加者の名札はハンデキャップを抱えながらも書道の師範クラスである方の手書きで用意頂いたり、訓練施設で牛乳パックから作られたハガキをお土産に頂いたりと心のこもったおもてなしに感銘を受けました。

参加頂いた方には、障がい者雇用とは何なのか、そもそも障がい者とは何なのかといった事柄を考える良い機会になったのではないかと感じております。
今後も福利厚生・社会貢献委員会では、皆様に有用な情報が提供できるよう活動を続けていきたいと考えております。