全国ソフトウェア協同組合連合会 平成27年9月度運営委員会 記録

投稿者:jaspanet 投稿日時:木, 2015-09-24 10:19



平成27年9月10日(木)、22世紀フォーラムの主催により、賛助会員の全国地域情報産業団体連合会(ANIA)と合同でJASPA運営委員会を開催した。ANIAとの合同開催は、一昨年の長野、昨年の岡山に続き、3回目である。

JASPA専任委員会からの報告では、経営支援委員会より、賛助会員のテレコムサービス協会と共催を予定しているビジネスモデルコンテストについて準備状況の報告があった。11月の宮城県ソフトウェア事業協同組合と仙台で開催するのを皮切りに、北海道、大阪、沖縄、東京でも計画をしている。開催にあたっては、各組合の関係者と協力しながら準備するようにとの意見もあったが、地方の活性化に大きく寄与するイベントとなるので、今後、大いに期待したい。

教育委員会からの報告では、9月17日(木)にJASPAとして初めて開催する合同企業説明会について、説明があった。
昨今の売り手市場の中、学生をどれだけ呼べるか未知数な中での開催に対し、初めての開催だからこそ、もっと多くの学生を呼べる環境で実施した方がいいのではないかという意見も出されたが、最後まで学校まわりをして、学生を呼ぶための努力をするということで、予定通り開催することになった。

ビジネス委員会からの報告では、前月、開催が承認されたコンピュータソフトウェア協会(CSAJ)との共催セミナーの続報が報告された。CSAJ側の都合により、12月3日(木)に変更されたものの、セミナー内容が少しづつ明らかになってきた。まだ計画段階ではあるが、社会貢献・福利厚生委員会の協力のもとで実施するテレワークセミナー、賛助会員のKT-NETの協力のもとで実施するIoTセミナー、経済産業省情報処理振興課長、JASPA中島会長、CSAJ荻原会長を招いてのパネルディスカッションなど、興味深いテーマで開催する予定である。本セミナーについては、内容が決定次第広く告知する。

社会貢献・福利厚生委員会からは、8月20日(木)に開催した障がい者雇用施設見学会についての報告があった。
障がい者雇用について積極的なISFnet社にて、ハンデキャップを持った書道家の活動支援、就労支援施設で作成されたメッセージカードの商品化支援などを見学した。JASPAでも障がい者雇用に協力するため、名刺の名前や、毎年1月に開催する賀詞交歓会の看板の文字を書道家に書いていただいたり、メッセージカードをビジネス上に利用したりと小さなところからできることはあると認識することができた。

続いて、第2号議案は、経営支援委員会より、「振込手数料割引サービス」について提案があった。
このサービスは、オリックス株式会社と契約した上で、サービスが受けられるものであるが、振込依頼を行うことで、金融機関に支払う振込手数料を削減することが可能なものである。これには、初期導入費用や固定費用が一切かからないので、導入にあたってリスクが無いのが特徴である。また、その手続きもインターネットバンキングと同様の操作で利用でき、現在、利用中のほかの振込サービスとの併用も可能とのことで、各会員企業に対するメリットは大きいものと思われる。尚、本提案について、満場一致で承認されたため、近々に導入に向けた準備を開始する。

来月(10月)は、7日(水)に「KT-NET総会:IoTで広がる、変わるマーケット」、14日(水)にハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合主催の「IT経営改革フォーラム:IT企業がなすべき5年10年先の未来の展望!」があり、イベントが目白押しである。いずれも興味深い内容となっているので、各会員企業で盛り上げていきたいものである。
尚、協賛企業については、まだまだ募集中であるぜひ、興味のある企業、団体は参画していただければと思う。

日時 平成27年9月10日(木)15:30~17:30
会場 金沢勤労者プラザ
出席者
  • 【参加団体】
  • 青森県ソフトウェア協同組合(長内睦郎)
  • 宮城県ソフトウェア事業協同組合(木村裕、太田貴之)
  • 埼玉ソフトウェア事業協同組合(林知之、平岡秀一)
  • 首都圏ソフトウェア事業協同組合(中島洋、横尾良明、櫻井多佳子、内山和久、郡司良男、塚本学、中島啓吾、鷹羽和利)
  • グリーンIT協同組合(守田徹、岡積正夫)
  • ソフトウェア事業協同組合(吉弘京子、坂蒔恭一、座喜味祭樹)
  • ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合(青谷哲也)

議題

第1号議案 JASPA専任委員会からの報告

1.経営支援委員会
① テレコムサービス協会とのビジネスモデルコンテスト共催について
JASPAでの共催:北海道(HSC),東北(MISPA),東京(22CF),近畿(HISCO),沖縄(22CF他)を予定している。これに対し、中島会長より、各地の組合と調整の上、実施するよう指導があった。
全国大会のJASPA賞については、JASPA予算より負担するが、コンテストを盛り上げるために、各社より協賛や後援の募集も行いたい。協賛会社の宣伝効果を期待できる。
横尾事務局長より、開催にあたっては、関係者と協力しながら行うようにという指導があった。
② セミナー運営について
助成金を利用し経営課題の解決、経営体質の改善を目的としたセミナー企画中(初回は11月に開催予定)
開催にあたっては、各団体、各社との共催も視野に入れる。四半期に1回くらいはセミナーを開催したいので、ロードマップも作成して計画的に行いたい。11月については、福利厚生および教育委員会と調整中。
③ 情報漏洩リスク他に対する支援について
前回の運営委員会で承認をいただいたので、現在、今後の利用方法について詰めていく。

近々にAIUと契約も行う予定。

2.教育委員会
事務局より、以下の報告があった。
① JASPA主催の合同企業説明会を実施予定
開催日時:9月17日(木)15:00~17:00
開催場所:JASPA会議室
参画企業数:10社程度
参加学生数:専門学校に開催の告知を依頼する予定だが、参加生徒数の確約はできない。

案内を依頼する学校(予定)
大原ビジネス専門学校、東京テクニカルカレッジ、船橋情報ビジネス専門学校
駿台電子情報&ビジネス専門学校、日本電子専門学校、アーツカレッジヨコハマ
情報科学専門学校(岩崎学園グループ)、横浜システム工学院専門学校
参加費用:10,000円(今後の活動資金とする。)
先般、METSAで同様に合同企業説明会を行ったものの参加生徒がゼロだったため、今回は何らかの対応が必要である。参加生徒が見込めないなら今回は中止するという決断も必要だとの意見もあったが、開催に向けて最大限の努力を行うことで、予定通り開催することとなった。

3.ビジネス委員会
林参事より、以下の報告があった。
① 営業情報、案件情報共有について
METSAで試験運用を8月より開始。一通り動作を確認したので、METSA全社に閲覧を開始予定。
② 先進技術共有(KDDI研究所他)について
9月8日(木)17:00泉岳寺2Fにて開催済み。13名の参加があった。
内容は、第13回 先進技術応用研究会「FirefoxOSが動く小型ボードコンピュータ「CHIRIMEN」の紹介~あらゆるものがWebでつながるIoT/WoT時代の新しいモノ作り~であった。
③ WEB会議システム(GCgate)の販売推奨について
JASPA会員向けに特別価格を提供しているが、今のところ追加受注なしとの報告があった。
これについて、横尾事務局長より、Web会議システムがどれくらい有効なのかがわかっていないのではないかという意見があった。使ったら絶対に便利なものなら、もっと受注があってもいいはずである。
今後、利用方法の紹介等を含め、もっと認知させていく必要がある。
以前、運営委員会をGC-gateで配信したことがあるが、次回の大阪はぜひ配信しようということになった。
④ CSAJとの連携に関して
CSAJのビジネス拡大委員会と8月27日(木)16:00~18:00にトスラブ山王にて協業の打合せを実施。JASPA6名、CSAJ12名の参加にて、共催セミナーの日程と場所を決定した。
・日程:2015年12月3日(木)15:00~18:00(18:00から懇親会も予定)
・場所:トスラブ山王 2Fセミナー室(80名程度集客予定)
・内容:テレワーク、IOT、基調講演等について。テレワークについては、社会貢献・福利厚生委員会、IoTについては、KDDI研究所の協力も得ながら開催する予定で検討中。
基調講演では、JASPA中島会長及び、CSAJ荻原会長が、参加予定である。
また、CSAJは、地方の活性化にも興味をもっており、地方でのセミナー共催も今後検討したい。

4.社会貢献・福利厚生委員会
櫻井社会貢献・福利厚生委員長より、以下の報告があった。
① 障がい者雇用施設見学会&暑気払い交流会を開催した。
・8月20日(木)ISFnet社にて開催(約20名参加)。
・今後は障がい者に関わる活動を情報収集フェーズからアクションフェーズに移行する。
 → ハンデキャップを持った書道家の活動支援を展開
 → 就労支援施設で作成されたメッセージカードの商品化支援を展開
② 障がい者就労施設訪問
・9月2日(水)ISFnetハーモニーを訪問した。
 →ハンデキャップを持った書道家と面会。JASPAで名刺作成等で支援できるのではないか。

5.交流委員会
太田交流委員長より、以下の報告があった。
① 9月9日(水)~10日(木)金沢企業視察(テレサ協共催)を実施した。
② 若手交流会を実施予定。
③ 日本IT団体連盟(仮称)への継続検討。
→10月9日(金)開催予定のCEATECでのプレス発表をターゲットに活動を継続。
 9月29日に最終打ち合わせ実施予定(中島会長同席)。
④ ITコーディネータ協会、相互入会に向けて準備中。
⑤ 9月20日(日)~25日(金)バリ視察を実施予定(6名参加)。

6.広報委員会
守田広報委員長より、以下の報告があった。
1)8月度・広報委員会の実務の確認
① JASPAホームページ(8月度WEB会報誌の発行)更新
② JASPAホームページTOPICSリニューアル
 ・JASPAニュース ・各専任委員会からの報告 
 ・JASPA会員からのお知らせ ・その他および関連団体からのお知らせ
 ・専任委員会バナーをJASPA会員の特典に変更する予定

2)9月度・広報委員会、議事項目。
① JASPAフェアの講演、セミナーDVDの貸出促進。
② メルマガの企画・編集・発行(*会員のメールアドレス収集促進)
 ・メルマガのタイトルおよびフォーマットの検討(exJASPA・NEWS)
③ JASPAおよび各専任委員会のセミナー、イベントの集客広報。
 ・各組合、各専任委員会のイベント、セミナーなどの集客・広報。
④ JASPA-NET、JASPA共済、GC-gateの広報、販促。
 販促用チラシ(HPおよび配布用)の作成。
 JASPA事務局などでのJASPA-NET、GC-gateの利用の検討。
⑤ JASPA・HPリンクバナーの配布とリンクのお願い。
 各組合(15組合)、協賛団体(6団体)および加盟企業のHPにリンクボタンの設置のお願い
 (リンク実施組合リスト作成および訪問者の分析)
⑥ JASPA加入組合の募集活動(四国地区組合への再アプローチ)
 各組合の会員募集キャンペーンの検討。

第2号議案 振込手数料割引サービスの提案

塚本経営支援委員長より、振込手数料割引サービスの提案があり、以下の説明があった。

本サービスの提案に対し、決議を行い、満場一致で導入が承認された。
導入予定サービス:振込手数料削減サービス”Flico”
契約先:オリックス株式会社
特徴:
・オリックス株式会社に対して振込依頼を行うことで、金融機関に支払う振込手数料を削減することができる。
・Flicoの振込手数料は、1件あたり一律280円(税込)である。
・初期導入費用や固定費用は一切かからない。
・インターネットバンキングと同様の操作で利用できる。
・振込依頼人名は、現在のまま振込できる。
・利用中のほかの振込サービスとの併用も可能である。

第3号議案 HISCO IT経営改革フォーラム及びKT-NET総会2015について

青谷参事より、HISCO IT経営改革フォーラムについて、以下の通り、説明があった。

① 開催日:平成27年10月14日(水) JASPA運営委員会の前日
② 時間:13:30~17:00 (懇親会 18:00~19:40)
③ 会費:講演は無料、懇親会は4,000円
④ 場所:グランフロント大阪 タワーC
⑤ テーマ:IT企業がなすべき5年10年先の未来の展望!

⑥ 講演内容
・基調講演 IT企業がなすべき5年10年先の未来を語る
      総務省関係者
・講演1  「ウェアラブルとシンギュラリティ」
      塚本昌彦神戸大学院工学部教授
・講演2  「G空間シティ地下防災対策コンソーシアム」
      西尾信彦立命館大学情報理工学
・講演3  「デジタルメディア最前線街と人と情報の関わり方(仮)」
      江口靖二デジタルサイネージコンソーシアム常務理事
・パネルディスカッション(上記4名+モデレータ 中島洋会長)

現在、出展企業を募集中であり、既に、KT-NET、日本個人情報管理協会、JASPAからの出展希望がある。

林参事より、KT-NET総会2015について、以下の通り、説明があった。
① 開催日:平成27年10月7日(水)
② 時間:13:00~17:00 (交流会 17:00~18:30)
③ 会費:各社一人目6,000円、二人目5,000円、三人目以降無料
④ 場所:品川フロントビル
⑤ テーマ:IoTで広がる、変わるマーケット

⑥ 講演内容
・基調講演 クルマに関するIoT/M2Mのユースケース
      株式会社トヨタIT開発センター 大西亮吉氏
・講演1  KDDI研究所 最新研究レポート 株式会社KDDI研究所
・講演2  KSラボ 開発レポート 東京システムハウス株式会社
・講演3  スマートハウスの現状 神奈川工科大学 教授 一色正男氏

現在、協賛企業を募集中であり、既に、株式会社TCSI、日本個人情報管理協会、JASPA等からの出展希望がある。

第4号議案 10月度 JASPA運営委員会のご案内

事務局より、大阪で開催される10月の運営委員会について、案内があった。

① マイナンバーセミナー:平成27年10月15日(木)13:30~15:30 CIVI新大阪研修センター
② 運営委員会:平成27年10月15日(木)16:00~18:00 CIVI新大阪研修センター
③ 懇親会:18:30~12:30 新大阪ワシントンホテルプラザ
④ スポーツ大会:平成27年10月16日(金)ABCゴルフ倶楽部
本コースは、毎年「マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント」が開催されるコースで、今年も10月29日~開催される予定である。

第5号議案 2016年度スケジュール(案)について

横尾事務局長より、2016年のJASPA運営委員会のスケジュールの説明があった。
日程が未定だった2016年9月のANIAとの合同運営委員会は、9月15日(木)~16日(金)秋田開催で決定した。

その他

事務局より、CSAJ30周年記念誌 協賛企業募集について説明があった。賛助会員であるコンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、2016年2月に創立30周年を迎え、「30周年記念誌」の協賛企業(団体)を募集している。
30周年記念誌は、タブロイド版32ページで、2016年1月に発行予定で、協賛金は、1社(団体)につき、5万円となっている。
協賛にあたっては、以下の特典がある。
① CSAJ30周年記念誌に協賛企業のロゴ広告を掲載
② 同時期(1月半ば頃)発行予定の週刊BCNの純広告に同内容のロゴ広告を掲載(予定発行部数:17000部)
本件につき、JASPAでも協賛するかどうかについて、検討したところ、満場一致で、協賛することが承認された。

以上