平成19年度 情報化月間表彰受賞!!

投稿者:jaspanet 投稿日時:火, 2008-01-01 00:00

情報化月間においてJASPA傘下会員企業が下記2部門において受賞致しました

情報化促進貢献企業等表彰 経済産業大臣表彰『情報化促進部門』
株式会社シーエスアイ 代表取締役社長 赤塚 彰氏

情報化促進貢献情報処理システム表彰 情報化月間推進会議議長表彰
マルマンコンピュータサービス株式会社 代表取締役社長 長内 睦郎氏

去る10月1日(月曜日)ANAインターコンチネンタルホテル東京で開催されました平成19年度情報化月間記念式典において表彰状の授与が行われました。
受賞されました2企業様より受賞の喜びをお寄せ頂きましたので授賞式の模様のお写真と合わせて掲載させて頂きます。

「平成19年度 情報化促進貢献企業等表彰」受賞に当たって

株式会社シーエスアイ 代表取締役社長 赤塚 彰

新年おめでとうございます。

皆様におかれましては、清々しい新年をお迎えの事とお慶び申し上げます。
さて、弊社は、昨年10月の情報化月間において、「平成19年度 情報化促進貢献企業等表彰」の経済産業大臣表彰「情報化促進部門」を頂くことができました。これもJASPA殿はじめ会員各位のご支援の賜物と厚くお礼申し上げる所存です。

今回の表彰理由は2点ありました。1点は、電子カルテなどの医療情報システムで医療の高度化に貢献した事、もう1点は、ベンチャ一企業として模範となる活動をした事で、両方とも弊社が日々注力していることであり、それらが評価されたことは、社員一同にとって大変な誇りとなりました。
弊社は、平成8年に、医療情報システムを病院にインストールするフィールドSEが主体になって創立されましたが、 「自社製品を持たない限りSE人数でビジネスのサイズが決まってしまう」 という危機感を常に持つておりました。そんな中、某医療機関の医師と従来の枠組みにとらわれない電子カルテシステムを開発しようという構想が纏まり、その医師にも入社頂き一緒に進めることとなりました。

医療関係者と医療系情報システムS Eの共同作業が始まったのですが、適用する現場のキーマンの目線で開発を進めたのは非常によい結果となりました。
何事もそうですが、使う人の立場に立ったシステムで無い限り広まることはありえません。製品出荷時期と厚生労働省の施策の時期が重なったという幸運もあり、現在300以上のお顧客様に出荷し、富士通についで第2位のシェアを確保しております。

平成8年から模索の連続でしたが、平成13年にはマザーズにも上場できました。今後は自分達の持っている技術にさらに磨きをかけ、現分野の拡大を図り、新分野へ挑戦しながら、いずれ東証2部、1部を目指したいと考えておりますので、引き続き皆様のご指導、 ご鞭獲の程よろしくお願い申し上げます。

マルマンコンピュータサービス株式会社 代表取締役社長 長内 睦郎

>この度は平成l9年度「情報化促進貢献情報システム賞」受賞の栄に拝し、関係者の皆様には心より感謝の念を申し上げさせていただきます。ありがとうございました。
社員一同、この受賞により大きな自信と責任を感じております。

そしてこの歓びを糧に更なる進化をいたし社会貢献することを最大の使命と考えております。当社は、平成6年、VBでシステム開発いたしました看護師勤務表作成支援システム『ナース物語ナイスプラン』から今日まで、病院様における看護部門様に向けて、数々のシステムをご紹介させて頂いて参りました。その間にお聞かせ頂きました、ご要望・おしかりのひとつひとつを真撃に受け止めさせていただきながら、看護業務支援システム(オフィス) ・医療過誤防止システム(セーフティ)へと続く『ナース物語』 シリーズを発表させていただき、平成17年8月全都道府県の病院様への導入を達成させていただきました。

また、昨年の12月には、We b対応となります、『ナース物語オフィスEx』を発表させていただいております。

当社が担当させていただいております業務は病院様のスタッフの皆様にお役に立つシステムのみならず、患者様、おひとり、おひとりにとりまして、少なからずお役に立てるシステムとして、看護業務全般を支援しております。看護実践の視点で開発したシステムは業務フローにマッチし大規模病院(1,000床以上)から小規模病院(100 床前後)までの幅広いニーズに対応していると同時に「患者様のためのシステム」として稼動しており今日までの導入実績は560病院以上を数え、看護業務の標準化により看護ケアレベルの平準化することで看護の質向上と患者様には適切でタイムリーな安心できる医療サービス提供の支援に確実に貢献させていただいているものと考えております。当社は今後も更なる社会貢献のため「ナース物語』 を語り継いで参ります。