全国ソフトウェア協同組合連合会 平成28年3月度運営委員会 記録

投稿者:jaspanet 投稿日時:金, 2016-04-01 14:14

平成28年3月17日(木)福岡県三島西鉄グランドホテルにて、ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合九州支部主催による3月度JASPA運営委員会が開催された。

いよいよ5月11日(水)には、3回目となるJASPAフェアが開催される。今、まさに主催者である22世紀フォーラムを中心としたJASPAフェア実行委員会により、準備が進められている。石井実行委員長からの概要説明に続き、参加者から貴重な意見もいただくなどして、熱い議論が行われた。

従来、JASPAフェアは、セミナー会場と展示会場を分離した形で行ってきたが、多くの来場者があっても、なかなか展示会場には人が集まらず、展示協賛いただいた企業様が100%満足するものにはなっていなかった。

そのような理由から、今年のJASPAフェアは、全国の会員組合および賛助会員が一堂に会し、事業、営業、技術(ソフトウェア)を紹介することにより、会員間の取引やコラボレーション(共同開発や共同研究)を促進できる場にしたい、北海道から沖縄まですべての会員にメリットのあるものにしたいという思いから、展示をメインに、同会場の一角でセミナーも行う。来場者数も昨年の倍増を目指したいということから、懇親会を除き、入場無料とする。広報にも力を入れ、チラシやポスターも作成し、各会員に配布するなど、新たな施策を提案した。

その一方で、原資をどうするかで議論が交わされた。実行委員会案では、各会員組合に所属企業1社につき3,000円の協賛費をお願いしたいというものであったが、地方の会員には、それだけの協賛金を出すだけのメリットが見いだせないとの理由で難色が示された。その結果、JASPAフェアの考え方、実施方法については承認されたものの、収支の手段については、承認を得られず、再考を求められた。

また、JASPAフェアの翌日にあたる5月12日(木)は、JASPA総会である。今度の総会は、役員、監事の改選が行われる。JASPAが発起団体の一つになっている日本IT団体連盟もいよいよ始動する。JASPAにとって今年は転機になると同時に、IT業界におけるJASPAの役割がさらに拡大する年になるに違いない。

日時 平成28年3月17日(木)16:00~18:00
会場 西鉄グランドホテル 会議室
出席者
  • 【ホスト団体】
  • ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合(小幡忠信、高宮知弘、川井利通、足立順一、田中秀範、高畑道子、北村雄吾、富田祐子、奥出邦且、青谷哲也、水上有紀、伊集院一人、幸田好和、田中和幸、加来信夫、江上眞枝、橋本泰彦、牛島賢二、石崎利和)
  • 【参加団体】
  • 宮城県ソフトウェア事業協同組合(太田貴之)
  • 埼玉ソフトウェア事業協同組合(齋藤光仁、平岡秀一、林知之)
  • 首都圏ソフトウェア事業協同組合(中島洋、横尾良明、櫻井多佳子、内山和久、郡司良男、塚本学、鷹羽和利)
  • グリーンIT協同組合(守田徹、岡積正夫)
  • ソフトウェア事業協同組合(坂蒔恭一)
  • 中央イメージ・テクノロジー研究開発協同組合(安達幸詔、平川学、飯嶋隆人、堀越正)
  • KT-NET(石井雄二)

議題


第1号議案 JASPA専任委員会からの報告

青谷会長及び各委員長より、以下の報告があった。

●経営支援委員会
① テレコムサービス協会主催ITビジネスコンテスト運営(2/16~17 全国大会)が無事終了した。
  JASPAは共催参加、中島会長が審査委員長、石井ビジネス推進委員長が審査員を担当した。
② オリックス社マイカーリースサービスについて検討中。
③ 明治安田生命と団体長期障害所得補償保険について検討中。
④ JASPA損害保険代理店を検討中。

●福利厚生・社会貢献委員会
① CSAJテレワークプロジェクトに委員会メンバー2名(中島委員、高畑委員)が参加した。
② 大阪大学教授と福祉機材販売会社のうつゼロプロジェクトとの連携を検討中。
  うつゼロプロジェクトは、血液を検査して、今後1か月に「うつ」に発症する恐れがあるかを
  診断できることから、うつの発症を予防しようというものである。
③ ISF-NETとの連携で障害者雇用企業訪問予定。現在、ISF-NET以外の会社とも連携できないか検討中。

●交流委員会
① JASPA内交流 若手交流会を実施予定。各地域の運営委員会前後に情報交流会の企画を検討中。
② 海外視察については、海外での採用を絡めた企画について、ニーズがあればやってみようかと考えている。

●教育・人財委員会
① 今年度の共同求人に関して インターンシッププログラムの開催時期を検討する。
② 合同企業説明会の実施検討。
③ 2月25日(木)に内定者研修を開催
④ キャリアアップ助成金とキャリア形成促進助成金の対応。
⑤ 共同研修 企業内人材育成推進助成金の状況、SES事業者から進化するための人財育成計画立案から実施

●ビジネス推進委員会
① 6月13日(月)に、CSAJ/JASPA/JIET3団体共催イベントをトスラブ山王で検討中。
  各3団体より、それぞれ7件程度の案件を持ち寄って商談会を行おうというもの。
② 4月5日(火)に、平井たくや議員とCSAJ/JASPAによるマイナンバー勉強会、懇親会を検討中。
  JASPAからも6~7名参加する予定である。
③ 5月11日(水)品川フロントビルにおけるJASPAフェア準備中。

●広報委員会
① 広報メディアとして、JASPA会報誌(年1回)、HP(月刊WEB会報誌)、メールニュース(随時)の企画・編集、発行。
② JASPAフェアの企画案提案と広報・宣伝活動計画策定。
③ JASPAフェアに関する各会員組合、賛助会員への依頼事項の確認。

第2号議案 JASPAフェアの件

石井ビジネス推進委員長より、JASPAフェアに関して、以下の説明があった。
昨年に引き続きJASPAフェアの企画を行っている。今年のJASPAフェアは「2016 JASPAコラボレーションフェア」とし、全国の会員組合および賛助会員が一堂に会し、事業、営業、技術(ソフトウェア)の紹介により、会員間の取引やコラボレーション(共同開発や共同研究)を促進できる場にしたいと考えている。
① 日時 平成28年5月11日(水)10:30~20:00(18:30~20:00は懇親会を予定)
② 開催場所 〒108-0075 東京都港区港南2-3-13 品川フロントビルB1階
       品川駅港南口より徒歩3分
③ 来場者 JASPA会員企業の社員、得意先、IT連盟、各大学の学生などで、300~400名の集客を目標とする。(入場は無料とする。)
④ 会場の使い方案
  昨年は、会場を2つに分けて、セミナーと展示という使い方をしたが、今年は会場をぶち抜きにして、展示を中心とした形態とし、その一角にミニセミナー会場を作るようにしたい。また、懇親会の間も展示は続ける予定。
⑤ 収入として、賛同を得られた各会員組合(賛助会員のKT-NETを含む)より、展示参加費として所属企業1社につき3,000円、また、会社単位でプレゼンテーション及び展示を行いたいところからは、協賛費として50.000円(プレゼンテーションを希望する場合は、別途30,000円)、懇親会費として1名あたり5,000円(集客目標100名)を想定。収入見込みは236万円。
  支出は、会場費として702,000円、懇親会費として500,000円、ポスター・チラシ製作費として600,000円、講師謝礼として200,000円、会場設営費その他で200,000円を想定。支出見込みは220万円。
本件について、意見交換を行い、実施方法については概ね承認を得られたが、「各組合が、展示参加費として所属企業1社につき3,000円を負担する」については、東京圏の会員組合とそうでない会員組合を同じように扱うのは公平性に欠ける、或いは、各会員組合における加入企業全ての賛同を得ることは困難だろうとのことで、承認を得られなかった。
したがって、収入の手段については、改めてJASPAフェア実行委員会で再検討することとなった。

第3号議案 日本IT団体連盟設立準備状況

事務局より、以下の通り、日本IT団体連盟設立準備状況について報告があった。
平成28年2月1日(月)13:30~15:00に、新宿三井ビルディング29階大会議室にて、本連盟設立趣旨説明会を開催し、
37団体56名が出席した。経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課 渡邊昇治課長が来賓として出席し、挨拶をいただいた。
説明終了後、質疑応答を行ったが、本連盟に期待する意見、前向きな意見が多数を占め、反対意見は無かった。
平成28年4月7日(木)15:00~17:00(17:00~19:00 懇親会)、京王プラザホテルにて、設立総会を開催することで準備を進めていたが、
会長人事に難航し、開催延期をすることになった。そのため、同日に場所を変更して、全体会議を行うこととなった。

第4号議案 第21回通常総会のご案内

事務局より、以下の通り、第21回通常総会の案内があった。
平成28年5月12日(木)全国ソフトウェア協同組合連合会会議室
13:00~14:00 事務局長会議
14:15~15:45 運営委員会
16:00~18:00 共済会総会及び通常総会 今年は、理事及び幹事選挙も予定されている。
懇親会は、場所を移して、東京芝 とうふ屋うかい 〒105-0011 東京都港区芝公園4-4-13にて開催する。

第5号議案 ホスト組合からの報告

HISCO九州伊集院支部長より、昨年、三立情報株式会社の上野社長が他界され、新たに代表として就任された幸田好和様の紹介があった。

第6号議案 4月度運営委員会開催のお知らせ(軽井沢)

事務局より、4月の埼玉ソフトウェア事業協同組合主催による軽井沢での運営委員会の説明があった。
運営委員会、懇親会 平成28年4月21日(木)午後4時00分~午後6時00分、懇親会 午後6時00分~午後8時00分 軽井沢プリンスホテルウェスト
スポーツ大会 平成28年4月22日(金)軽井沢72東・入山コース

第7号議案 2016年度スケジュール(案)について

横尾事務局長より、2016年~2017年の運営委員会の開催日程等の確認が行われた。
2017年については、4月が沖縄、5月の総会が埼玉主催、9月がANIAとの合同で長崎、11月が静岡、2月がYRP主催で神奈川で行うことが確認された。
(静岡については、運営委員会終了後、改めて調整を行い、11月開催で了解が得られた。)