全国ソフトウェア協同組合連合会 平成28年4月度運営委員会 記録

投稿者:jaspanet 投稿日時:月, 2016-05-16 15:57

平成28年4月21日(木)軽井沢プリンスホテルウェストにて、埼玉ソフトウェア事業協同組合主催による4月度JASPA運営委員会が開催された。

今回は、5月11日(水)に品川フロントホテルで開催されるJASPAフェア2016一色の運営委員会であった。前月、各会員組合からの協賛金の収集方法について、出席者より多くの意見があり、保留になっていたが、その後改めてJASPAフェア実行委員会内で、検討を行った結果、1社につき3,000円の協力をいただくことについては、変更なしだが、協賛金を支払うかどうかは各組合の判断にまかせることとなった。また、収支に関して、若干不足気味となるが、可能な限り、コストを削減して、収入の範囲内で開催するよう努力するとの説明があった。また、前回承認された熊本大地震に対する義援金については、JASPAフェア会場に義援金箱を設置し広く集めることと、各会員組合に呼びかけて、JASPAで一括して寄付することが確認された。

日時 平成28年4月21日(木)16:00~18:00
会場 軽井沢プリンスホテルウェスト 会議室
出席者
  • 【ホスト団体】
  • 埼玉ソフトウェア事業協同組合(齋藤光仁、林知之)
  • 【参加団体】
  • 宮城県ソフトウェア事業協同組合(木村裕、太田貴之)
  • 首都圏ソフトウェア事業協同組合(中島洋、横尾良明、櫻井多佳子、内山和久、郡司良男、塚本学、鷹羽和利)
  • グリーンIT協同組合(守田徹、岡積正夫)
  • ソフトウェア事業協同組合(吉弘京子、坂蒔恭一)
  • 中央イメージ・テクノロジー研究開発協同組合(平川学、飯嶋隆人、堀越正、山藤武志)
  • ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合(青谷哲也)
  • KT-NET(石井雄二)

議題

第1号議案 JASPA専任委員会からの報告

青谷会長及び各委員長より、以下の報告があった。

●経営支援委員会
①課題別人材力支援事業
(1)マンパワーグループとの打ち合わせ実施
(2)6月末の事業決定に向けて、共同で企画化することで合意
②帝京大学への共同求人開催について
 帝京大学様における合同企業説明会を開催することで調整中。
期日:5月25日(水)13:30~16:00
場所:帝京大学 宇都宮キャンパス
参加可能企業数:12社
対象学生:現4年生及び既卒者
③オリックス社対応
(1)マイカーリースの紹介
(2)AIUとの団体契約についての折衝
(3)テックフェス熊本2016 特別協賛について

●福利厚生・社会貢献委員会
①CSAJテレワークプロジェクトに委員会メンバー2名が参加した。
②大阪大学教授と福祉機材販売会社のうつゼロプロジェクトとの連携を検討中。
 うつゼロプロジェクトは、血液を検査して、今後1か月に「うつ」に発症する恐れがあるかを診断できることから、うつの発症を予防しようというものである。
③ISF-NETとの連携で障害者雇用企業訪問予定。現在、ISF-NET以外の会社とも連携できないか検討中。

●交流委員会
①JASPA内交流
(1)若手交流会を実施予定。
(2)各地域の運営委員会前後で情報交流会の企画を検討中。
②他団体交流
(1)クラウドサービス推進機構へ訪問予定。
(2)4月7日IT団体連盟連絡会開催。
③政府・官公庁交流
(1)4月5日CSAJ合同勉強会出席。

●教育・人財委員会
①各校の担当者を明確にして、学校とのネットワーク強化を図っている。
②専門学校及び大学で説明会を開催予定
HAL東京、日本電子専門学校、駿台電子情報・ビジネス専門学校
デジタルハリウッド、和光大学。理系・情報系の大学など
③内定研修
 METSA主催のものに乗る形で開催を検討中
(1)目的:新入社員、教育担当者間の懇親を深める
(2)開催時間:17~18時研修(マナー研修)18~19時(懇親会)
(3)場所:未定
(4)予算:各社1万円(何名でも参加可)費用が余った場合は研究会の資金とする。
 参加企業を募集する。
④人事アセスメント研修実施
⑤超高速開発ツールの調査・研修実施
⑥PMP試験対策講座実施
順次開催 来年度5月か6月に開催予定

●ビジネス推進委員会
第2、第3号議案で報告する。

●広報委員会
①広報メディアとして、JASPA会報誌(年1回)、HP(月刊WEB会報誌)、メールニュース(随時)の企画・編集、発行。
②JASPAフェアの企画案提案と広報・宣伝活動計画策定。
③JASPAフェアに関する各会員組合、賛助会員への依頼事項の確認。

第2号議案 JASPAフェアの件

石井ビジネス推進委員長より、JASPAフェアに関して、以下の説明があった。
昨年に引き続きJASPAフェアの企画を行っている。今年のJASPAフェアは「2016 JASPAコラボレーションフェア」とし、全国の会員組合および賛助会員が一堂に会し、事業、営業、技術(ソフトウェア)の紹介により、会員間の取引やコラボレーション(共同開発や共同研究)を促進できる場にしたいと考えている。
①日時 平成28年5月11日(水)10:30~20:00(18:30~20:00は懇親会を予定)
②開催場所 〒108-0075 東京都港区港南2-3-13 品川フロントビルB1階
       品川駅港南口より徒歩3分
③来場者 JASPA会員企業の社員、得意先、IT連盟、各大学の学生などで、300~400名の集客を目標とする。(入場は無料とする。)

福岡での運営委員会にて、収支に関し、全会員組合から展示費としての協賛金を協力していただくことに関して承認されなかったため、改めてJASPAフェア実行委員会内で、検討を行った。その結果、1社につき3,000円の協力をいただくことについては、変更なしだが、協賛金を支払うかどうかは各組合の判断にまかせることとした。
また、先日の熊本大地震に対する義援金をJASPAとして出そうという提案もあり、JASPAフェアで募金箱を置くこと、併せて、各会員組合へも告知するなど行うことが承認された。

第3号議案 CSAJ/JASPA/JIET 3団体合同ビジネスマッチングの件

石井ビジネス推進委員長より、CSAJ/JASPA/JIET 3団体合同ビジネスマッチングに関して、以下の説明があった。
① 開催コンセプト
単に各社の自社製品やサービスの説明・紹介等による販促活動の場、ではなく、参加企業間で 直接ビジネスに繋がる案件をもって発表または商談を行えるイベントとする。
② 開催概要
日時:2016 年 6 月 13 日(月) 15:00 ~ 17:30、17:30 ~ 懇親会
場所:トスラブ山王 2F 会議室 A + B
会場費は1日で約 50,000 円(3 団体で折半)
懇親会も同会場で行うが、費用は参加者実費負担
定 員 : 130 名前後

第4号議案 日本IT団体連盟設立準備状況

事務局より、平成28年4月7日(木)に、新宿三井ビルディングにて開催された日本IT団体連盟設立準備会の報告があった。
① 会長、副会長・専務理事等について
 会長の人選については検討・依頼を重ねたが、報酬となる財源の確保や、活動が各省庁をまたがることから専任の会長就任は困難であった。そこで、会長、副会長については、各団体から選出された理事の中で互選とし、専務理事(事務局)は会長所属団体とする提案があった。また、代表理事は会長交代など手続き上スムーズにするため2名とし、一人を筆頭副会長に選任すること、ならびに、副会長の総数は10名以内とすることが説明された。
② 組織の確認及び事業計画
 ・委員会設置案について説明がなされた。なお、委員会については現時点で検討中であり、参加団体の意見を聞きながら順次設置したいとの見解がなされた。
  なお、委員会・幹事会の設置、および事業計画/収支予算については、設立までに引き続き議論を重ねるものとする。
  -委員長が所属する団体が委員会事務局を務める。
  -サイバーセキュリティは独立した委員会とせず、政策委員会の議案として他委員会への横展開を図る。
  -IT教育委員会は小中高といった若い世代のIT教育の振興を目的とする。
  -IT人材育成委員会はこの業界に入る方、入った後、他業界から参入した方を対象とする。
  -国際委員会は、海外の団体とのパイプ役となる。
  -政策委員会はすべての省庁を対象とした政策提言や予算確保を検討・実行する。
  -各委員会にそれぞれの団体から2~3名選出してほしい。メンバーは団体を代表しうる人 物であれば、会員企業からの選出(団体推薦)でも構わない。
 ・幹事会について
  委員会の上位組織にはエキスパートの実動部隊として幹事会を設置する。各団体から幹事を複数名推薦(やる気/情熱のある人)し、幹事会を結成し、幹事長1名を決定する。そこに正副会長と各委員長が参加して年に数回開催する。幹事会では、各委員会で深耕した議案について、幹事会が横串で検討し、新たな政策等を提起する場とする。
③ 設立スケジュールの変更
 設立総会は、各団体の総会終了後、7月上旬開催を目標とする。

第5号議案 第21回通常総会のご案内

事務局より、平成28年5月12日(木)に、JASPA会議室で開催される第21回通常総会についての案内があった。予定されている議案は以下の通りでである。今回は、理事及び監事が改選される年である旨の説明もあった。
第1号議案  平成27年度事業報告書及び決算関係書類承認の件
第2号議案  平成28年度事業計画、収支予算並びに経費の賦課及び徴収方法決定の件
第3号議案  平成28年度借入金残高の最高限度決定の件
第4号議案  1組合員に対する貸付金残高の最高限度決定の件
第5号議案  手数料及び貸付利息の最高限度決定の件
第6号議案  役員報酬決定の件
第7号議案  理事及び監事選挙の件

第6号議案 2016日台ソフトウェア企業交流商談会について

事務局より、毎年6月に台北で開催され、JASPAも参加している日台ソフトウェア企業交流商談会について、今年は、以下の通り、7月開催である旨の説明があった。
今年も例年通り、JASPAとして参加するかは、交流委員会で検討することとなった。
主催:中華民国情報サービス産業協会(CISA)
期間:2016 年 7 月 1 日(金) 10:00~18:00
台北国際ソフトウェア展示会(7 月 1 日~4 日)と同時開催
場所:台北市世界貿易センター

第7号議案 平成28年6月運営委員会(函館)のご案内

事務局より、6月の青森県ソフトウェア協同組合主催による函館での運営委員会の説明があった。
運営委員会 平成28年6月23日(木)午後4時00分~午後6時00分 ロワジールホテル函館、懇親会 午後6時00分~午後8時00分 海鮮食事処「はこだて亭」
スポーツ大会 平成28年6月24日(金)アンビックス函館クラブ上磯コース

第8号議案 2016年度スケジュール(案)について

横尾事務局長より、2016年~2017年の運営委員会の開催日程等の確認が行われた。
2017年は、ANIAとの合同運営委員会が長崎であるため、2018年3月に予定している福岡での運営委員会の主催組合が変更になる可能性があるかもしれないとのことであった。