YRP情報産業協同組合 株式会社ステップ 代表取締役社長 神宮司誠様

会社を設立されたきっかけや現在に至るまでの苦労された点などをお教え下さい。

株式会社ステップは、移動通信ネットワークの可能性に着目した技術者グループによってスタートしました。1986年の設立以来、コンピュータネットワークや移動体通信の拡大に支えられ、順調に業務を拡大してまいりました。2012年には組込システム技術開発を別組織として立ち上げ、機能分担を行いました。 そして、2014年には間接業務のアウトソーシングを行い、ソフトウエア開発に集中した体制を構築し、現在に至っております。

貴社の特徴やサービスについてお教え頂けますか?

今日まで携帯端末/通信制御ソフトウエアなどの移動体通信のプログラム開発をコアビジネスとして実績を積み上げてきました。 そこで培われた技術・ノウハウをベースに業務用/Webシステム開発などの分野にも積極的に進出しています。

YRP情報産業協同組合に加入されたきっかけ、また、同組合に期待することなどを教えてください。

YRP情報産業協同組合はYRP(横須賀リサーチパーク)の開設に先立つ1997年に地域の中小企業12社をメンバーとして、横須賀市やNTT横須賀電気通信研究所等の支援のもと、中小企業等協同組合法の認可を受けて設立しました。株式会社ステップは当組合の設立当初から参画し、副理事長や理事長などの要職を担当しております。
YRP情報産業協同組合では、情報通信システム開発の一括受注、中小企業間での補完調整、基礎から先端までの技術研修・ビジネス研修による人材育成、情報通信市場動向の情報提供、県内外組合との交流を通した経営改善支援を精力的に推進されてきておりますので、YRP地区のより一層の活性化のための活動を期待しております。

最後に御社のPRを思いっきりお願いします。

スマートフォンが生活の様々な面に浸透し、ライフスタイルの変化に伴いお客様の要望されるサービス、それを支える技術が端末・ネットワークとも一層多様化、高度化してきてます。この様なビジネス環境の変化に対し、一歩先んじて技術開発力を育成強化し、お客様の要望に応えるべく日々努力しております。これからも、IT技術を通して市場の発展に寄与するとともに、品質の向上に取り組み、よりお客様の満足度を高めて行きたい。またグローバルな視点を持ちながら、自由闊達なアイデアと行動力で市場の変化に対応し、その中で得られた会社の発展と社員の成長、達成感を、いつでも共有し喜びたい。 株式会社ステップは、そんな志を抱いた集団でありたいと願っています。