全国ソフトウェア協同組合連合会 平成30年9月度運営委員会 記録

投稿者:jaspanet 投稿日時:水, 2018-10-03 10:18

日時 平成30年9月27日(木)16:30~18:10
会場 ホテル青森 善知鳥の間
出席者 青森県ソフトウェア協同組合(長内睦郎、三浦克之、鈴木敏弘)
宮城県ソフトウェア事業協同組合(木村裕、太田貴之、青木雅秀)
埼玉ソフトウェア事業協同組合(林知之)
首都圏ソフトウェア事業協同組合(安延申、中島洋、郡司良男、鷹羽和利)
グリーンIT協同組合(守田徹、岡積正夫)
中央イメージ・テクノロジー研究開発協同組合(平川学、堀越正)
ソフトウェア事業協同組合(坂蒔恭一)
KT-NET(石井雄二)
未所属(石井健一、高村啓輝)

今回の運営委員会は、ANIA様の青森の全国大会に参加させていただき、同会場のホテル青森で開催した。
ANIA様の全国大会は、青森県ソフトウェア協同組合 長内睦郎理事長が組織委員長を担い、盛大に開催された。

議題



第1号議案 JASPA専任委員会からの報告

林副会長より、JASPA専任委員会の報告があった。(各委員会の報告は、委員長、委員長が欠席の場合、副委員長が代理で報告した。)

1.経営支援委員会
  報告なし

2.ビジネス推進委員会(石井委員長)
(1) WEB版ビジネス市場について
全国各地の運営委員会で、「ビジネス市場ご案内」のチラシにて利用方法などを説明している。⇒5月(総会)、6月(宮城)、7月(埼玉)、8月(北海道)、9月(青森)、 10月(大阪)、11月(静岡)
⇒当該サービス開始にあたり、皆様からのバナー広告(会社、商材、ソリューションなど)の協力をいただいた。(10社)
(2) ビジネスマネージャー検定資格の紹介
ビジネスマネージャー検定資格とは、マネジャーの育成と土台造りのために、東京商工会議所が主催する試験である。
(3) 営業情報・案件情報の共有と受注支援
従来のJIET、CSAJ、JASPA、IVIAに加えてCHISA(千葉県情報サービス産業協会)の5団体ビジネスマッチング会を開催予定。
日時 : 2018年10月12日(金)
15:00~17:45 ビジネスマッチング商談会(無料)
18:00~19:30 懇親会(3,000 円/人)
場所: 関東 IT ソフトウェア健康保険組合 山王健保会館
東京都港区赤坂2-5-6
JASPAからの出展は、トリプリアイズ、地球ソリューションズ、東京システムハウス

3.教育・人財委員会(太田委員長)
(1) 助成金制度「生産性向上支援訓練」の活用
・8月23~24日「提案型営業手法」を開催(18名参加)
・9月27~28日「IoTを活用したビジネスモデル」→参加者が集まらず中止
・10月25~26日「IoT 導入に係わる情報セキュリティ」→日程再調整
上記いずれも受講料 5,400 円(税込み)、最小催行人数15名
(2) 助成金制度「人材開発支援助成金」の活用
・アイクリエイティブ社によるJASPA向けオープンセミナーの開催
→ JAVAエキスパート研修
→ 2018年12月~2019年6月全13回
→ 目安:7名(最小催行人数)*55万(単価)
・アイクリエイティブ社研修のご案内
 → PM実践研修、AIプロトタイピング研修
 → JASPA会員企業向け価格を設定
(3) 第 3 回IoT検定試験対策講座を開催した
・過去の受講者にアンケートを行い、回答内容を反映した講座を設計する。
 ・1日講座を検討する。
(4) 継続審議事項
・IoT検定試験対策講座の e ラーニング化
・新規企画検討:世代間ギャップを相互理解するセミナー(ビジネス作法、ハラスメント等)

4.交流委員会(林委員長)
(1)JASPA交流コンペ
・次回12月12日【水】開催
・幹事組合・団体 KT-NET
(2)米国シリコンバレイ視察企画
・11月18日(日)~ 23日(金)
・参加予定21名、視察先企業は、現在調整中。
(3)IT忘年会企画
・12月20日(木)
・場所 GINZA Lounge ZERO

5.社会貢献・福利厚生委員会(太田)
(1)西日本豪雨に対する支援の件
JASPAに寄付先をご一任頂いたもの:39万円
・日本赤十字社  13万円
・特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン    13万円
・フェニックス救援隊   6万5千円
・認定特定非営利活動法人災害人道支援医療会       6万5千円
組合会員の企業様が直接寄付されたもの:55万円

6.広報委員会(守田委員長)
(1)JASPAマッチングサイト「ビジネス市場」構築サポートおよび広報活動の実施。
・スタートまでの手順とスケジュール確認。
・加盟組合への説明会の開催、啓蒙チラシの配布実施。
・会員情報の入力依頼
・製作費の確保(バナー広告の募集など)
(2)JASPA広報メディア(3媒体)利用による会員各社の広報促進。
・会員企業のPR(イベントやソリューション) 、利用促進
(3) HISCO IT経営改革フォーラム、及び、KT-NETフェスタ、展示協賛を各会員のPRコーナーとして活用
(4)JASPA共済の募集広報。
・チラシ、パンフレットなどの募集ツールの作成。
・各加盟組合にて説明会の実施計画。
(5)WEB会議システム「ZOOM」の導入と利用促進。
*各地運営委員会、JASPAや会員組合のイベント(JASPAフェア)、各研修セミナーで活用。
(6)その他。
・新規加入組合の募集活動への協力依頼
・四国地区対策
四国運営委員会開催と現地組合の招待、平井卓也議員のサポート、中央会の推薦など)

第2号議案 経済産業省情報技術利用促進課長との懇親座談会の件

10月24日(水)JASPA会議室にて、恒例となった経済産業省情報技術利用促進課長との懇親座談会を開催する。それに先立ち、傘下事業主の組合員からの意見や要望等を事前に収集する。
経済産業省情報技術利用促進課への情報提供(レポート)の内容
①各地の経済状況
②各地のIT業界の現況(関係省庁、地方自治体との関係もあれば)
③会員各社あるいは御社の経営上の課題(人材、案件、技術、資金など)
④行政や経産省に聞いていただきたいこと、お願いしたいこと。

今回の出席者は、経済産業省情報技術利用促進課中野課長が2年連続となることから、北海道、青森、宮城、静岡、大阪、福岡、沖縄など、地方の若手経営者を中心にお願いし、各地の生の声を伝えたい。そして、全国を網羅する組織であることはJASPAの強みでもあり経済産業省も各地方の声を聴くことに関心が高い。
尚、各地から本件のためのみで上京していただく場合は交通費などの実費をJASPAが負担する。

第3号議案 HISCO ITフォーラム、KT-NETフェスタ開催の件

事務局より、10月17日(水)に、OIT梅田タワー3Fで開催される「HISCO ITフォーラム」の案内があった。https://www.hisco.jp/matching15/
また、林副会長より、10月23日(火)に、品川フロントビルで開催される「KT-NETフェスタ IoTと仕事道具改革」の案内があった。https://www.kt-net.jp/fes2018aut/

両イベントともJASPAもスポンサーとして参加し、展示出展を行うので、現在、各会員組合より各社のパンフレットを募集中である。希望の会社は、JASPA宛に送付いただければ無料で配布を行う。

第4号議案 消費税軽減税率対策に関する説明会開催について

事務局より、消費税軽減税率対策に関する説明会開催についての説明があった。
本議案は、今年3月にも運営委員会の議案としたが、その時は、時期が早く一旦保留となった。消費税軽減税率対策に関する説明会開催については、経済産業省からも強く要望されているため、改めての検討した結果、2019年2月上旬にJASPA会議室で開催することとなった。(地方会員向けには、ZOOMを利用して配信する。)
近々に、経済産業省と調整して、開催日程を決定する。

第5号議案 一般社団法人日本ニアショア開発推進機構相互入会の件

安延会長より、一般社団法人日本ニアショア開発推進機構相互入会について説明があった。
ニアショア機構は、中国やインド等にて行われているシステム開発の外注(オフショア開発)に対して、日本の地方都市でのシステム開発(ニアショア開発)を推進する事を目的として設立された。現在の日本において、事業と雇用の海外流出を緩和する新たな潮流となる事業スキームの育成と確立・立て直しが喫緊の課題であり、ニアショア開発を推進することで、国内IT産業の変革と地方の活性化を実現させようとしている組織である。
一般社団法人日本ニアショア開発推進機構との相互入会について議論を行い、JASPAとして入会することは大きなメリットがあるとの意見があった。
相互入会の可否について、決議したところ、満場一致で可決された。

第6号議案 地域IT企業様との連携による中小企業IT導入支援の取り組み

株式会社日立システムズ主管研究員の石井健一様より、「地域IT企業様との連携による中小企業IT支援の取り組み」についての説明があった。
●今までの取組の経緯
・地域IT企業向けのクラウドサービス支援について報告( ‘17/10 JASPA例会)
・商工会議所へのご提案し連携合意(’17/12~’18/3)
・会員企業の求めるサービス提供に向けた施策推進(’18/4~9)
●久留米商工会議所協働での取り組み内容
・久留米商工会議所へ中小向け共通プラットフォームのPoCをご提案(’17/12)。
・会員企業2,000社に対してニーズに関するアンケート調査を実施(’18/3)。
・商工会議所主催にて現地IT相談会を開催(‘18/5, 7)。
●今後の対応について
・中小企業IT支援は、商材を陳列すれば売れるような簡単なものではない。
今回、補助金を切り口に展開を図り一定の反応が得られたが、すぐに導入とはならない。
活動継続していくことで、地域に根ざしたものとなることが重要と考える。
併せて、研究員の高村啓輝様より、「青果サプライチェーンサービス」のご紹介があった。

第7号議案 10月度(大阪)、11月(静岡)運営委員会開催のお知らせ

事務局より、10月及び11月の運営委員会について案内があった。
(1)10月度大阪運営委員会
日程 平成30年10月18日(木)~19日(金)
場所 大阪新阪急ホテル
懇親スポーツ大会 太平洋クラブ六甲コース
(2)11月度静岡運営委員会
日程 平成30年11月15日(木)~16日(金)
場所 みしまプラザホテル
懇親スポーツ大会 グランフィールズカントリークラブ

第8号議案 2018~2019年度スケジュールについて

事務局より、2018年~2019年度のスケジュールの確認があった。
2019年1月の賀詞交歓会は、1月17日(木)に、例年通り、グランドプリンスホテル高輪で開催する。
3月のHISCO九州主催の運営委員会は、3月14日(木)に大分で開催する。
5月の総会は、ソフトウェア事業協同組合の主催で5月15日(水)に、JASPA会議室で開催する。JASPAフェアは、翌5月16日(木)に大井町きゅりあんで開催する。
10月の運営委員会は、当初予定されていた10月17日(木)~18日(金)から10月10日(木)~11日(金)に変更になった。
11月の運営委員会は、当初ANIAの全国大会に参加する予定であったが、ANIAのスケジュールが変更になったため、22世紀フォーラムの主催で松山にて開催することになった。JASPAには四国の会員がないため、関連団体を招待して開催する予定である。

その他議案 沖縄ITイノベーション戦略センターについて

中島名誉会長より、沖縄ITイノベーション戦略センターについての説明があった。
沖縄ITイノベーション戦略センターは、中島名誉会長が理事長に就任した組織であり、観光、農業、金融業など各分野でITを応用、沖縄県内産業の振興、IT産業の底上げを図るとともに県内外の企業、大学、研究機関の実証事業や事業マッチングを通じて新しいビジネスやサービスを生み出し、日本全国、アジア、全世界への展開を目指す。併せて人材育成を推進することを目的としている。JASPAも賛助会員として参加。
加入することで、いろいろと特典もあるので、中島名誉会長より、各社に正会員としての加入のお願いがあった。