KT-NETフェスタ「IoTと仕事道具改革 ~IoT・AI搭載の道具で“働き方”と“生産性”~」が開催されました

投稿者:jaspanet 投稿日時:火, 2018-11-27 16:22

平成30年10月23日、東京都品川区(品川フロントビル会議室)において、「IoTと仕事道具改革 ~IoT・AI搭載の道具で“働き方”と“生産性”~」をテーマに、KT-NETフェスタを開催しました。

主な講演以下の通り
1.基調講演『テクノロジーの変化に伴う働き方・考え方の変容 ~農業・介護を事例に~』
慶応義塾大学 環境情報学部 教授 神成 淳司 氏
2.『林業ベンチャーとIT職人のIoT安全装置の誕生ストーリー「キツツキハンマー」』
東京チェンソーズ 青木 亮輔 氏/プラムシステム 松本 敬吾 氏
3.『IoTとヘルスケア~可視化だけで良いのでしょうか?~』
(株)KDDI総合研究所 教育・医療ICTグループ グループリーダー 米山 暁夫 氏

展示協賛企業によるミニプレゼンでは、JASPAからWeb版ビジネス市場、中島名誉会長による沖縄ITイノベーション戦略センターのPRもさせていただきました。
加えて、隣接会場では、IoT関連の製品サービスのデモ展示、ロボットの使い方コンテストの決勝戦も行わるなど、大盛況のうちに終了することができました。