全国ソフトウェア協同組合連合会 令和元年7月度運営委員会 記録

投稿者:jaspanet 投稿日時:月, 2019-07-22 13:25

日時 令和元年7月11日(木)16:00~18:00
会場 グランディエールブケトーカイ(静岡市)
出席者 北海道ソフトウェア事業協同組合(朝倉幹雄:委任状)
青森県ソフトウェア協同組合(長内睦郎:委任状)
宮城県ソフトウェア事業協同組合(木村裕、太田貴之、古山隆幸)
埼玉ソフトウェア事業協同組合(林知之、原口一孝)
首都圏ソフトウェア事業協同組合(安延申、横尾良明、齊藤光仁、櫻井多佳子、加藤洋一、郡司良男、鷹羽和利)
グリーンIT協同組合(守田徹、岡積正夫)
ソフトウェア事業協同組合(磯崎澄:委任状)
電算ソフトウェア協同組合(安齋輝雄:委任状)
静岡県ソフトウェア事業協同組合(松浦秀三、山本康裕、曾根輝夫、齊藤直彦、海野和之、土屋恵理子、服部達也、長尾悦治、鈴木忠臣、深澤幸一、中谷将宏)
ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合(川井利通:委任状)
KT-NET(石井雄二)

議題【理事会】


第1号議案 JASPAフェア2020、及び、通常総会の日程について

事務局より、以下の通り、2020年のJASPAフェア、通常総会の日程及び会場案が提示された。
●A案 昨年に引き続き、大井町きゅりあんで開催する場合
 ・5月13日(水) JASPAフェア
 ・5月14日(木) 通常総会
 ・5月15日(金) スポーツ大会
●B案 また、イベント企画も行っているたびのレシピより、以下の提案もあった。
 ・ビジョンセンター永田町(5月14日、21日確保済)
 ・タイム24ビル(台場)(5月14日確保済)
 ・プラザエフ(四ツ谷)(5月14日確保済)
以上の日程、及び、会場を検討した結果、賛成多数で、A案の大井町きゅりあんに決定した。

第2号議案 中華民国情報サービス産業協会(CISA)訪日ミッション訪問受入について

事務局より、以下の説明があった。
本件、もともと中華民国情報サービス産業協会より、10月22日(火)~25日(金)で調整してほしいとの依頼があり、6月・宮城での理事会において、10月23日(水)或いは24日(木)なら対応しようとなった。
その旨、先方に伝えたところ、日程が変更になったとのことで、10月17日(木)の午後で調整できないかとの連絡があった。
10月17日は、JASPAの賛助会員であるANIAの全国大会で、安延会長をはじめ主要役員が出席する予定であることから、調整は難しく、その旨を先方に連絡した。
したがって、現状、本件への対応は行わない予定である。

第3号議案 新入社員交流会、交流コンペ収支報告

林副会長より、新入社員交流会、交流コンペの収支報告があり、満場一致で承認された。
●新入社員交流会
5月30日(木)東京・大阪・北海道・九州の4会場をZOOMで繋いで開催。
参加者 東京 39名(新人34名)、大阪 35名(新人18名)、北海道 3名(新人 2名)、九州 4名(新人2名)
収入 3,000円×74名=222,000円(東京・大阪のみ)
支出 東京 108,956円(△8,044円) 大阪 111,186円(▲6,186円)
合計収支 △1,858円 JASPA委員会費に繰入
●交流コンペ
収入 前回からの繰越 10,543円
   会費 5,000円×35名=175,000円
   ペナルティ 合計67,500円
   合計 253,043円
支出 パーティ時のアルコール 4,530円
   コンペフラッグ 2,993円
   賞金 211,000円
   合計 218,523円
収支 △34,520 次回交流コンペに繰越し

議題【運営委員会】

第4号議案 JASPA専任委員会からの報告

林副会長より、専任委員会の報告があった。(各委員会の報告は、委員長が報告した。)

(1)経営支援委員会(塚本委員長)
・職業訓練校(委託業者)からの求職者紹介
2019年11月:PCスキル初級 30名
(Word,Excel,PowerPoint,ITパスポート試験対策)
2019年12月:PC中級 16名
(Excel応用、ExcelVBAベーシック、スタンダード試験対策)
受入先企業の条件:就業規則に記載されている就業時間が実働8時間
・ワイズトータルサポート社との業務提携推進
  セミナーを開催し、サービス導入を推進
  「働き方改革」のセミナーを企画

(2)ビジネス推進委員会(石井委員長)
・「WEB版ビジネス市場」の利用促進について
  現時点での登録数は全体の1/4(98社/400社)程度
  利用促進に向けて
・各地運営委員会での利用方法の説明会実施
・各組合に22CF推進担当者を任命。(METSA,KT-NETなど)
・案件情報の定期発信などを行う。
・CSAJ/JIET/JASPA/iVIA合同ビジネスマッチング会開催
  日程:2019年10月30日(水)
  場所:関東IT健保組合 山王健保会館2F会議室
  時間:15:00~17:00(懇親会 17:15~19:15)
  JASPAからの出展企業(2社決定)
   東京システムハウス株式会社
   株式会社アルメディア・ネットワーク

(3)教育・人財委員会(太田委員長)
・助成金制度「生産性向上支援訓練」を活用したセミナー開催
5月30~31日「提案型営業手法」受講者20名
  6月27~28日「IoT活用によるビジネス展開」最小催行人数に達せず、延期
7月31~8月1日「品質管理技法」受講者15名 開催決定
  8月27~28日「企業価値を上げるための財務管理」
  参加資格:経営者も含む全従業員(パート・アルバイト含む)
  最小催行人数15名、受講料5,400円(税込)
  JASPA手数料は20%(108,000円)とする
・IoT検定試験対策講座のeラーニング化を検討
  サートプロのインフラを利用
  2019年秋のサービス開始を目標に活動を進める
・世代間ギャップ調査の実施
  内容一部修正を広報委員会と検討の上実施

(4)社会貢献・福利厚生委員会
・社会福祉法人 市川レンコンの廃棄パソコンの提供、引き続き継続。
・市川レンコンの会が制作販売する手作りケーキ、クッキージャムなどの販売も検討中

(5)交流委員会(林委員長)
・JASPA新入社員交流会
日時:5月30日(木)に開催
東京、大阪、札幌、福岡をZOOMで繋いで、4地区交流
合計81名(うち新人56名が参加)
先輩社員からのアドバイス、名刺交換など基本マナー
・第6回JASPA交流コンペ(組合対抗戦)太平洋クラブ江南コース
  参加者35名(CSAJ、JIETなど賛助会員からも参加あり)
  次回は9月下旬から10月上旬を予定
・深圳・広州視察ツアー企画中
令和元年11月19日(火)~11月23日(土)
  参加者募集中 7月11日現在、24名の申込み
・ITコミュニティークリスマスパーティー
  銀座ラウンジZERO貸切で120名参加予定
(6)広報委員会(守田委員長)
・JASPAマッチングサイト「ビジネス市場」利用促進PR。
  会員情報の登録、入力のお願い(会社の基礎情報およびソリューション情報も含め)
  サイト制作費の確保(バナー広告掲載の依頼と御礼)
・JASPAホームページ(WEB会報誌)についての報告とお願い。
  運営委員会開催、ホスト組合の会員のPR・紹介についての協力依頼
  組合の活動、会員の動向、ソリューション情報の提供のお願い。
  毎月、更新前に各組合にメールでWEB会報誌に掲載するニュースの確認。
・JASPAパンフレット制作、印刷
JASPA会員名簿一覧表の作成、各組合の役員人事の確認
・新規組合の加入促進活動。
四国地区対策(四国運営委員会開催と現地組合(四国IT協同組合)の招待。
平井卓也大臣の協力要請、全国中小企業団体中央会の協力要請
・KT-NETフェスタ協賛
日時 令和元年10月4日(金)

第5号議案 テレワーク・デイズ2019への協力について

安延会長より、テレワーク・デイズ2019への協力について説明があった。
テレワーク・デイズ2019とは、
総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都及び関係団体と連携し、2017年より2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、働き方改革の国民運動を展開している。2019年は東京大会前の本番テストとして、7月22日(月)から9月6日(金)の約1ケ月間をテレワーク・デイズ2019実施機関と設定し、テレワークの一斉テストを呼びかける。

全国で3000団体、延べ60万人以上の参加を目標としている。
・様々なテレワーク(モバイル、サテライトオフィス、地域でのテレワーク等)の実施、時差出勤、フレックスタイム、ワーケーション等を組み合わせた実施など、多様な働き方を奨励する。

6月の理事会にて、JASPAでも協力することで決議されたた。必要であれば、担当官を招聘し説明会も実施する。

第6号議案 石巻ハッカソンについて

宮城県ソフトウェア事業協同組合 会員の株式会社イトナブが主催する『石巻ハッカソン』について、株式会社イトナブ代表の古山様より、説明があった。

石巻ハッカソンの最大の目的は『教育』。今の時代、IT技術を勉強するための参考書はたくさんあふれているが、その技術をどう生かしていくか、社会にどう貢献していくか、そのための意識を自ら学ぶことはなかなかできない。若者たちが『触発』される環境を作ること。これが次世代の若者教育イベント、石巻ハッカソンである。

開催日時:2019年8月16日(金)~18日(日)
開催場所:石巻駅前商店街の店舗等、『イトナブ石巻』事務所スペース

石巻ハッカソンへのスポンサーのお願いがあった。
プラチナ(60万円)~ブロンズ(5万円)

第7号議案 8月度(北海道)、9月(青森)運営委員会開催のお知らせ

事務局より、8月度(北海道・札幌)、9月(青森・八戸)運営委員会の案内があった。

運営委員会・理事会(北海道・札幌)
・日程 8月1日(木)
    運営委員会16:00~18:00、懇親会18:00~20:00
・会場 運営委員会、懇親会とも ホテルマイスデイズ札幌アスペン
・スポーツ大会 8月2日(金) クラークカントリークラブ

運営委員会・理事会(青森・八戸)
・日程 9月19日(木)
    運営委員会(理事会)16:00~18:00、懇親会18:00~20:00
・会場 運営委員会(理事会)八戸ポータルミュージアム はっち
    懇親会 ほこるや
・スポーツ大会 9月20日(金) みちのく国際ゴルフ倶楽部

第8号議案 2019~2020年度スケジュールについて

横尾事務局長より、2019~2020年度スケジュールの報告があった。
2020年のスケジュールについて、宮城県ソフトウェア事業協同組合 木村理事長より、6月の宮城と7月の静岡を季節的に入れ替えた方がよいのではと提案があり、後日、宮城・静岡双方で協議することとなった。
その結果、2020年6月11日~12日が静岡、7月2日~3日が宮城で開催することになった。

第9号議案 静岡県ソフトウェア事業協同組合 新役員、及び、会員企業紹介

5月23日の通常総会にて、静岡県ソフトウェア事業協同組合の役員人事が変わったので、松浦理事長から、各役員の紹介があった。その後、FKC株式会社の代表取締役会長の深澤様より、会社紹介があった。
FKC株式会社とは、静岡県焼津市に本社があり、モンゴル国大規模農場の運営事業の株式取得を行っている関係上、モンゴルとは深い関りがあり、モンゴル支局も持つ。
IT業務請負やソフトウェア受託開発、ITロボット塾の運営や高齢化社会に向けてのリフォーム事業、外国人労働者の支援等の業務を拡大している。
福祉をモットーに、当社と関わった人達の助け合い精神を大事にしている。