石巻ハッカソンが開催されました

投稿者:jaspanet 投稿日時:水, 2019-08-21 14:21

2019年8月16日(金)~18日(日)に、宮城県石巻市のアイトピアホール、石巻グランドホテルなどの会場で、第8回石巻ハッカソンが開催されました。

本イベントは、宮城県ソフトウェア事業協同組合所属のイトナブ石巻が主催するイベントで、毎年、高校生から社会人まで多くの技術者が参加しています。
今年は、JASPAからも株式会社MCEAホールディングス、アスノシステム株式会社、株式会社エー・アール・シー、地球ソリューションズ株式会社、KT-NETが協賛し、盛大に開催されました。

今年のテーマは『無し』、しかも最後のプレゼンテーションも無し、今回参加した16チームが展示会形式で出来上がったソフトウェアを披露するという形式でした。本来、ハッカソンは優劣を競うものではなく、成果を多くの人に見てもらうもの、そのような意図があって、今年はこのような形態にしたのだそうです。

2日目の昼食は、石巻ハッカソン恒例のハッカソンカレー、地元のご婦人、高校生などが応援に駆け付け、手際よく石巻名物ほやカレーを制作、参加者からは大変好評で多くの方がお替りをするほどでした。

3日目の午後は、場所を石巻グランドホテルに移して、発表展示会、正味2日間で制作したとは思えないほどのすばらしい作品を披露していました。

石巻ハッカソンの目指すもの
1.刺激し合う文化をつくる
2.ものづくりが大好きという共通点
3.お互いの個性を尊重し、高め合う
4.相手を思いやり、不快な行為をしない
5.新しい事への挑戦
石巻ハッカソンは、2020年も開催が決定しており、今後も技術者養成に貢献するものと思われます。