DX変革時代のビジネス開拓セミナご案内 ~ソフトウェア事業協同組合主催

投稿者:jaspanet 投稿日時:水, 2020-01-15 10:13

JASPA会員のソフトウェア事業協同組合より、『DX変革時代のビジネス開拓セミナ』の案内をいただきましたので、お知らせいたします。
詳細は、https://sba-jaspa.jp/seminar/2551/ をご覧ください。

日時:2020年2月13日(木) 16:00~17:30
会場:(株)ユーエスイービル 三階イベントルーム
  〒150-0013東京都渋谷区恵比寿4-22-10
  TEL(03)5449-8511
  JR山手線「恵比寿」駅 東口より徒歩5分
主催:ソフトウェア事業協同組合
受講対象:ソフトウェア事業協同組合会員およびJASPA関係者
定員:40名 (定員になり次第締め切らせて頂きます)
参加費用:セミナ(無料)
申込期限:2020年2月10日(月)

<今回のセミナの主旨>
ハレックス社は、「ICTx気象データにおけるリーディングカンパニーでありたい」との理念の基に、1Kmメッシュ気象データを中心に様々な気象データの活用に取り組んで来ました。
身近な気象情報は天気予報にとどまらず、これを効果的に活用して新たな価値を創造することにより、生活やビジネスにおいてより多くのプロフットをもたらす潜在的な可能性を秘めております。
今回は、当社が取り組んできた事例を具体的に紹介し、気象データの新たな活用の可能性について皆様と共に探ります。

<講演概要>
・気象データの概要
・事例1: 防災気象情報の活用
・事例2: 漁業分野における新たな活用
・事例3: 過去データを活用したビッグデータへの新たな可能性
・事例4: 新たな熱中症対策
・データドリブンのあるべき姿
・今後の可能性

<講師紹介>
(株)ハレックス代表取締役社長 藤岡浩之氏

<タイムスケジュール>
15:30~16:00 受付開始
16:00~16:05 開会 主催者挨拶、講師紹介
16:05~16:45 講演前半
16:45~16:50 休憩
16:50~17:30 講演後半

<申込方法>
ソフトウェア事業協同組合(SBA)のホームページよりお申し込みください。
https://sba-jaspa.jp/seminar/2551/