全国ソフトウェア協同組合連合会 令和2年7月度理事会・運営委員会 記録

投稿者:jaspanet 投稿日時:水, 2020-07-08 15:02

日時 令和2年7月2日 16:00~18:00
会場 宮城県ソフトウェア事業協同組合 会議室、及び、WEB開催
出席者 北海道ソフトウェア事業協同組合 朝倉幹雄(WEB)、河原健光
青森県ソフトウェア協同組合 長内睦郎
宮城県ソフトウェア事業協同組合 小堀幸彦、木村裕、太田貴之、小山守、柴田信幸、伊藤正則、古山隆幸
埼玉ソフトウェア事業協同組合 林知之
首都圏ソフトウェア協同組合 安延申(WEB)、齋藤光仁(WEB)、内山和久(WEB)、郡司良男、塚本学(WEB)、鷹羽和利
グリーンIT協同組合 守田徹
電算ソフトウェア協同組合 安齋輝雄(委任状)
中央イメージ・テクノロジー研究開発協同組合 飯嶋隆人(WEB)
ソフトウェア事業協同組合 磯崎澄(WEB)
静岡県ソフトウェア事業協同組合 松浦秀三(WEB)
ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合 川井利通(委任状)、奥出邦且(WEB)
KT-NET 石井雄二(WEB)

議題


会長ご挨拶

第1号議案 2021年賀詞交歓会開催について

2021年賀詞交歓会開催について、事務局より説明があった。
現在のところ、1月21日(木)グランドプリンスホテル高輪にて予定しているが、新型コロナウィルスの第2波、第3波により、開催が困難な状況も考えられる。
ホテルでの開催のため、直前でキャンセルすると高額なキャンセル料がかかってしまうので、キャンセル料が比較的割安な現時点で開催の方向性を決めたい。
事前アンケートでは、従来通りの開催を望む声は低く、WEB開催、或いはWEBを併用したハイブリッド開催がいいという意見が8割以上を占めた。

本件に関して、以下の意見があった。
・ハイブリッド開催とし、新しい賀詞交歓会を開催する。それには盛り上げるための工夫が必要。
・東京と各組合をオンラインで繋ぎ、組合対抗の何か(川柳大会、クイズ大会など)を行ったら盛り上がるのでは。
・リーズナブルに実施するのであれば、グランドプリンスホテル高輪は、規模を縮小、或いは、リリースするのがよい。
・グランドプリンスホテル高輪をリリースした場合、どんな会場が考えられるか。
・各組合とオンラインで繋いで開催するなら各組合の協力が必要。従来の開催と比べ、準備は大変になると思われるので、各組合から実行委員を出してもらい、8月くらいから実行委員会を立ち上げる必要がある。
・講演会はリアルで開催するのではなく、事前にビデオを撮って、当日それを流すようにする。この方が、トラブルを防止できるし、準備もしやすいのではないか。
・講演者は、各組合の皆さまが喜んでくれる人を選出するのがいい。
・実行委員長は22CFから選出する。
・スポーツ大会については、結論は先延ばしでよい。非公式で希望者のみ参加がよいのでは。

以上を纏めると…
・現状では、開催したとしても集客が従来の1/2~1/3程度しか期待できず、会場規模を縮小できないかグランドプリンスホテル高輪に問い合わせる。縮小開催NGの場合、現会場をキャンセルして、早急に別会場を探す。
・賀詞交歓会の開催はハイブリッド開催とする。その為、早急に実行委員会を立ち上げる。今回は、各地域の組合/加盟団体からも実行委員を募る。

第2号議案 JASPAにおける22世紀フォーラムの位置づけについて

林副会長から22世紀フォーラム発足の経緯、これまでの活動について説明のあと、事務局より、先に実施したアンケートの報告があった。
アンケートの結果、22世紀フォーラムの活動は、「現在の活動で良い」或いは、「概ね現在の活動で良い」で、否定的な意見はひとつも無かった。

本件に関して、以下の意見があった。
・今回のアンケートは、サンプル数は少ないが、現在の22世紀フォーラム、或いは、JASPAの全体像を示すのに妥当な意見であった。東京だけで勝手にやっていると言う人がいるが、それはJASPAの活動を知らない人。22世紀フォーラムの活動は、JASPA全体の活動の7~8割、とりようによっては9割を占めていると思う。今後もJASPAの実行部隊の長として活動していってほしい。それには、相応の役職は必要である。
・JASPAの加入組合、加入団体は決して多いとはいえない。今後、もっと増やさないといけない。
そのためには、「全国会」のメリットを増やして、広報することが重要である。22世紀フォーラムの初期の目標は達成できた。次のビジョンは組合にとらわれずに、ITの未来を考える組織にすべき。

今後の検討については、8月の検討結果を踏まえ9月に案を提示、定款変更が必要なら変更する。
年内に決定するのが困難なら、来年の総会で決定する。

第3号議案 JASPA専任委員会からの報告

林副会長(22世紀フォーラム会長)の指名により、各委員会の委員長(不在の場合は代理)がそれぞれ報告した。
【経営支援委員会】 塚本委員長
・異業種交流会の共同開催を調整中
テーマ:「経営課題をITで解決」 アライアンス先:日本生命、大樹生命

【ビジネス推進委員会】 石井委員長
・WEB版ビジネス市場の利用促進、現状の登録社数は、全体の3割程度。
対象となる組合ごとに、専任のビジネス推進委員を決め、登録に関するフォローを行う。
・リアルビジネスマッチング会、CSAJ・JIET・iVIA・JASPAの共同開催
新型コロナウィルスの影響で3月開催は中止となっていた。
10月9日(金)10:00~15:00開催で検討中。従来通りの方法で開催したかったが、会場等の関係で困難。
したがって、WEBを使ったビジネスマッチング会を開催する。初の試みのため、詳細はこれから検討。

【教育人財委員会】 太田委員長
・助成金制度「生産性向上支援訓練の活用」
従来、年5~6回開催していたが、今期はコロナ禍の影響により、年2回の開催を予定。
現制度ではオンライン開催が認められていないので、JASPA或いはIT連から提言できないものか。
・IoT検定試験対策講座eラーニング化
現在開発中、本年9月サービス開始予定。
・世代間ギャップ調査の実施
第2回目の開催に向けて検討中。
・LPI日本支部チャネルパートナーとの連携
LPICの無料セミナー開催予定(社員を対象としたセミナー、8月開催で検討中)

【社会貢献・福利厚生委員会】 事務局
パラリナートとの契約完了、近々に、パラリンアートのサービスを告知予定。

【交流委員会】 林委員長
9月11日(金)の北海道でのゴルフコンペを、遠隔で全国開催にしたい。
初の試みだが、まずはやってみたい。詳細は改めて案内する。

【広報委員会】 守田委員長
2020年度版JASPAパンフレットを制作中
JASPA会員、役員、各団体の会員会社など更新。

第4号議案 2020~2021年度スケジュールについて

・8月度青森開催
理事会/運営委員会 令和2年8月4日(火)16:00~18:00 ホテル青森
懇親会 18:00~20:00 ホテル青森
スポーツ大会 令和2年8月5日(水) 青森カントリークラブ
・9月度北海道開催
理事会/運営委員会 令和2年9月10日(木)16:00~18:00 ホテルマイステイズ札幌アスペン
懇親会 18:00~20:00 ホテルマイステイズ札幌アスペン
スポーツ大会 令和2年9月11日(金) 札幌エルムカントリークラブ
・10月以降のスケジュールについて
令和3年5月のJASPAフェア、会場が決まらず、日程変更の可能性あり
令和3年7月の宮城開催、7月1日(木)~2日(金)に変更

主催者挨拶 宮城県ソフトウェア事業協同組合 小堀理事長、木村理事