宮城県ソフトウェア事業協同組合 小堀幸彦理事長

令和2年、長年MISPAの理事長を務めていただいた木村前理事長の後任として、理事長を拝命することになりました小堀幸彦でございます。
この場をお借りし、前理事長の木村様には、多くの改革を実行され、MISPAの発展に多大な貢献をなされたことに尊敬と敬意を表します。

さて宮城県ソフトウェア事業協同組合(MISPA)は、平成8年(1996年)、YAHOO、NTT、NECなどがインターネットサービスを開始しIT業界に新たなサービスが展開され始めたこのような時期に設立され、歴代の諸先輩方のご活躍により設立25年目を迎えております。
現在の組合員数は13社で活動しております。

会員企業には、パッケージソフトウェア開発販売、ゲームソフト開発、IT若者人材教育、フリーランスITエンジニアのエージェント、IOT機器開発及びシステム開発など様々な事業を展開している特徴のある企業が参画している組合です。

理事長を拝命したこの年令和2年は、新型コロナウィルス世界的な感染拡大により、全世界が混迷を極める状況になり、今だ出口が見えない時代を迎えております。同時に新たな価値観、消費行動、働き方、社会様式が生まれ始めています。
例を挙げれば、様々な業界でWEB会議が当たり前になり、テレワークを推奨する企業が爆発的に増え、個人の消費行動もネットショッピング利用者の増加など、昨年までは考えられなかったスピードで社会的への浸透してきております。
また、東京一極集中の経済構造にも、今後は都市間連携による地方分散が加速すると考えております。

これらの価値観の変化は我々が活動しているソフトウェア業界が得意とするデジタルの世界が不可欠なものです。
MISPAとしましてもアフターコロナを見据え、新たな組合員の参加を募り、JASPAをはじめ、各地の組合団体との交流を通じ、都市間連携でビジネスを推進し、来るべく新たな時代の変化に向け、自らが変化できるよう努めてまいる所存です。

今後とも皆様方のさらなるご支援、ご協力をお願い申し上げます。